【動画】ロボットPepperくんが認知症のお薬問題を解決する!

ソフトバンクのCMに登場するロボット、Pepper(ペッパー)くんはテレビで見た事があると思います。

あのPepperくんを動かすアプリを開発するコンテストで、「ニンニンPepper」という認知症サポートアプリが最優秀賞をとった事ご存知ですか?

コンテストの模様が動画で公開されているのですが、再生回数からまだまだ見ている人は少ないです。コンテストのプレゼン動画は悪くはないのですが、プレゼンターの声とPepperくんの声がかぶって聞きづらい!

どこかにないかな・・と探したところ、2つほどいい動画を見つけたのでご紹介します!

Japan timesさんが公開している動画に、ペッパーくんによる認知症のお薬管理の映像があります。独居で認知症だと、このお薬問題って誰もがぶちあたる壁なんですよ、うちもそうでした。

下記動画の40秒付近から40秒ほど出てくるのですが、文字起こしするとこんな流れになります。

Pepperくんによる認知症の人への薬の声かけ

前提としてペッパーくんの胸には、記事上部の写真のようにタブレットがあって、その下に薬箱がついています。

1.ペッパーくんによるご挨拶
  「たつしさん、朝の薬の時間デスヨ!」

2.ペッパーくんによる服薬の声かけ
  「私の胸の薬箱から、日曜日の朝の薬を取ってクダサイ!」

3.ペッパーくんによる服薬確認
  「くすりは飲みまシタカ?」

4.認知症ご本人
  「はい、飲んだよ」

5.ペッパーくんによる薬箱の確認。自分の目のカメラで、薬箱の画像を撮影する

という流れです。この画像を認知症のご家族でも、医師、看護師、ヘルパーなどが見て、お薬ちゃんと飲めてるかな?と遠隔でチェックできるわけです。飲んでなければ、メール送信するとペッパーくんが受けてそれを認知症の人に伝えてくれます。

「アナタ、クスリノンデナイヨ!」

なぜかカイヤっぽい・・・他には生活のリズムを整えるために寝室で対話したり、孫からのメールや写真を代わりに受け取って教えてくれる動画もあるんですが、わたしは “この服薬管理の動画だけ” 面白い!って思いました。

正直言うと、薬の時間だよ!って言って1回で対応してくれるとも限らないし、日曜日の朝以外のところから飲んだり、飲んでも飲んでないって言うことも、認知症ケアの世界では普通にあります。

プログラムはこの反応にはこう!というように組んでいくはずですが、予測不能な認知症の人にどこまで対応できるか、今後の課題となりそうです。でも、こうやって新しい技術ができるのは、とても素晴らしいです!

Japan timesの動画です。服薬シーンは40秒あたりから↓

こちらがニンニンPepper紹介動画です↓

Pepperくんの動画を見て、こんな事ができそうだとひらめいた!

正直、わたしたち介護者のそばにPepperくんがいるのって、5年後でも実現してない気がします。そんなに待てないので、このアイディアをこう応用すればいいのではと。

ブログでもご紹介してますが、わたしはSkypeを使って、母の行動を遠距離で監視しています。服薬管理はヘルパーさん、看護師さんにお願いしているのですが、最近飲み忘れが増えてます。

【telyHDレビュー】離れた独居の親の介護は「見守りサービス」よりも「見守りカメラ」でしょ!

2014.09.10


そこで!

「Skypeのカメラが映るところに、お薬カレンダーを貼る!」

20140126_190755

普通すぎる・・・・今ので30人は、よそのブログにいってしまった気配を感じます・・・できれば戻ってきてほしい・・・

Pepperくんがやったことを今すぐ実現できてます、一応。もしお薬カレンダーに異変があったら、Skypeテレビ電話で呼びかけてもいいですしね。

本当はすぐやりたいんですが、母のプライドがあって実現できません。以前、居間にお薬カレンダーを置いたら、

「友達がきたら恥ずかしいから、台所に貼る」

といってできませんでした、友達がいない母なのに(笑)Skypeカメラをもう一台買えばいいのかぁ~ とりあえず今はフェルガードBのみの服用なので、サプリ以外に薬の服用が始まったら考えてみます。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
2017/12/06発売の自著 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか