認知症ケアに効果? 「タクティールケア」のはなし

タクティールケアって、ご存知ですか?

スウェーデン生まれのタッチケアで、認知症に効果あるかもと言われています。今日は 「タクティールケア」 についてご紹介したいと思います。

タクティールケアとは?

(株)日本スウェーデン福祉研究所のサイトから引用しますと

タクティールケアは、スウェーデン生まれのタッチケアです。タクティールケアは、未熟児看護に関わっていたスウェーデンの看護師らによって、1960年代に誕生しました。看護師らは、未熟児の子どもに手で触れてケアすることにより、発育が順調になり、親と子どもの絆が深まるということに気がついたのです。その後タクティールケアの手技が整えられ、補完療法の一つとして位置づけられるに至りました。現在、その活用範囲は認知症ケア、がんの緩和ケア、未熟児ケア、障がい者ケア、ストレスケア、いじめ予防等様々です。
引用元:http://jsci.jp/

ほー、なるほど。なにやら分からないけど、てもみん的な?そんなものかなと、文字だけで推測しました。お試しくださいね~で終わったら、読者のみなさまから怒られますので、もうちょっとイメージできる、タクティールケアの図を載せます。(リンクがきれたので、画像が粗くなっております)

ダウンロード

上記のようにタッチするということなんですが、すみません・・・これが最終的にはどうなるの?というのが、まず思ったことです。もうちょっと調べると、いろいろと分かってきまして・・・

タクティールケアの効果とは?

どうやらこちらで、このタクティールケアを導入しているとのことです。それ以外にもいっぱいあるみたいですが、とりあえず1か所だけご紹介です。

認知症とこのタクティールケア。どう関係しているかは謎らしいんですが、表情が和らいだり、安心や信頼の気持ちにつながるという効果があるらしいです。オキシトシンが分泌され、ストレスホルモンが減少するんだそうです。認知症にとって、”ストレス・不安” というのはもっともよくないので、確かにこういった気持ちにさせるタクティールケアって有効だと思います。

これは私の推測ですが、例えば暴力を振るってしまい、認知症患者さんとの信頼関係が築けないご家族、ヘルパーさんなんかが、距離感を縮めるのにも有効かなと思います。介護職の方はすでにご存じかもしれませんが、わたしはまだまだド素人な域から抜け切れないので、日々面白いな!と思ったことは、ブログに残していこうと思っています。

我が家にとっては、子宮頸がんの祖母の痛みが進行したら、タクティールケアに頼ってみようというのもひとつあります。末期がんなどの緩和ケアでも使えるということで、頭のどこかに知識として覚えておいて損はないようです!

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【最新刊】 認知症の人と家族の会副代表理事・川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか