母の最近の口癖「今年は雪が少なかったわね~」

母が、この8月に73歳になった。そんな母の、最近の口癖がこれ。

今年は、雪が少なかったわね~

4月くらいまでは、特に違和感がない。しかし暑くなってくる5月や、真夏の8月にこれを言われると少し違和感がある。

「まだいうか?」

決して口には出さないけど、正直こんな気持ちがこみあげてくる。楽しんごの「ラブ注入」を、全力で言う人にもし会ったら、やっぱり同じことを言うと思う。

電波時計や新聞がないと、季節感がつかめないのでしょうがないけど、それにしてもいつまで雪の話するのかなぁ・・と思っていると、冬がやってきて、最終的にはつじつまがあってしまうから面白い。

今年はなぜか雪が口癖だけど、来年も同じことを繰り返している確率は低いので、この違和感を楽しませてもらおうと思っている。

誕生日が近くなると、自分の年齢が気になるようで、こんなやりとりが始まる。(アナログカレンダーと電波時計の組み合わせで、誕生日が近づいていることは認識できる)

ひろ、わたしっていくつなの?
くどひろ
当ててみー、勘でいいから
そうねー、72?
くどひろ
正解!今度73になるけどね
あら~、あの世行きね

この1セットを1日何十回と繰り返すわけだが、続けると不思議と正答率が上がってくる。最初の頃は82歳とか、76歳とか間違えていたものの、誕生日直前になるとほぼ正解していた。答えがうっすらと記憶に残っているのかも・・そう思える正答率で、毎回クイズにしたのも間違えではなかったのかな?とも思う。

同時にわたしが考えることが、これ。

くどひろ
今年の誕生日は、何がいいかな~

毎年一応、プレゼントや食事を考える。去年は「あれ」だったから、今年は別なサプライズ的なものを考えてみたりもする。しかし、自宅でまったりするのが好きな母なので、結局はいつもの「あれ」になってしまう。

「あれ」とは、寿司とケーキ。ワンパターンだが、一応寿司屋を変え、ケーキ屋を変えている。他に何かないのか?ってくらい、クリスマスや誕生日はこればかり。

認知症なので、去年もその前のクリスマスも同じだということを忘れている。だからワンパターンでも成り立つし、喜んでくれるのだが、全盛期だったら皮肉の一つも言われたかもしれない。

今年は珍しいスイカのケーキ(記事下写真の一番左)を買ってきたら、えらく喜んでいた。母はケーキの種類にこだわりがないので、基本は自分が食べたい2種類を買ってきて、母に選んでもらっている。どっちに転んでも、自分はOKという状態を作る。

もうすぐこの生活を始めて5年目に突入するわけだが、ありがたいことに調子がいい。この状態をなんとか80歳までキープしてもらいたいと思いながら、「いつもの」誕生日が終わった。

わたしが一番気になったこと、それはスイカのケーキがそんなにうまいのか?ということ。えらく喜んでいたので、次に帰ったときはスイカのケーキを2個買って、帰ろうと思う。

最後に「電子書籍の読み放題」のお知らせ

Amazonがとうとう、月額980円の電子書籍の定額制読み放題「Kindle Unlimited」を始めました。雑誌240タイトル、コミックを含む12万冊が対象になっています。スマホでアプリをダウンロードして読めるのですが、わたしの電子書籍も読み放題の対象に入ってました。

初回、30日間は無料お試し期間になっています。わたしが作った電子書籍は、プロの編集が一切入っていません。誰にも読まれないだろうと思って書いたこの電子書籍が、予想外に売れ、商業出版「認知症介護を後悔しないための54の心得」へとつながったわけです。もし読み放題を利用している方は、ダウンロードしてみてください!

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年より悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護中。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)