母の甘酒はすでに違うものになっていたから、代わりに息子が作ってみたら・・・

小学生の頃、家で甘酒をよく飲んだ記憶がある。

極寒の盛岡で飲む甘酒は格別で、アルコールで酔っぱらったりしないか心配してた。

今は夏でも、甘酒を飲んでいる。

熱中症は認知症の症状を進行させるから、その予防もかねて、冷やし甘酒を飲んでいる。

去年同様、母が酒粕を買ってきた。(記事タイトル下の写真)

たぶん、記憶の中心が40代くらいにある母は、自分の子どもたちにあったかい甘酒を飲ませようと思って、酒粕を買ってくるんだと思う。

だけど、今の母が作る甘酒は、飲めたものではない。

例えるなら、セメントを牛乳で溶かしたような仕上がりで、とにかくドロッドロ。そのまま顔に塗ったら、お肌ツヤツヤになるレベルだ。

酒粕に水を加えればいいと思っていて、酒粕1袋を鍋に全部ブッこんでかき回す。職人さんにコテを渡したら、そのまま壁を塗ってしまうだろう。

でも、せっかく作ってくれたから、一口飲んでこう聞く。

くどひろ
これ、飲んでみぃー、どう?
いつもと同じ甘酒じゃない!

味のないもやし炒めを作ったときは、「あれ、味ないわね」って認めるのに、なぜかセメント甘酒はまずいと言わない。

本当に飲めないので、こっそり台所に捨てる。

母も、いつもと同じとか言いながら、しっかり残しているから笑える。

こんな地獄を味わいたくないので、今年は自分で甘酒を作ることにした。

料理をほとんどしない自分だが、今はクックパッド師匠という心強い味方がいる。

師匠の指示通り、酒粕に水、砂糖と塩ひとつまみを入れたら、おいしい甘酒が完成した。

くどひろ
甘酒飲む~
あら、あんた作ったの?飲む。
くどひろ
何入ってるか分かる?ポイントは、ひとつまみの塩らしいよ
なんで、塩なんかいれるの!

よく分からないけど、塩じゃないらしい・・

何が正解か聞いてみると、しょうゆを「タツっと」入れるらしい。

試しにやってみると、味に深みが出て、確かにうまい。もうおいしい甘酒は作れないのに、こういう記憶だけは残っていたりするから、面白い。

酒粕1袋(500g)は結構な量で、母と息子だけではとても減らない。

また師匠に尋ねると、水の代わりに牛乳を入れる甘酒牛乳というものがあるらしい。

試してみると、酒粕の臭みが消えて、すっきりして飲みやすい!

母も気に入ってくれた。

塩でなく、こちらにも少ししょうゆを入れたら、確かにおいしくなった。

おそらく、この冬も何度となく、酒粕を買ってくるに違いない。

母の気持ちを、ムゲにはできないから、わたしが酒粕レパートリーを増やすことにした。

甘酒プリンとかあるので、こんど試してみようと思っている。

認知症が面白いと思うのは、甘酒自体の作り方を忘れているのに、隠し味だけ忘れていないところだ。

ブログ読者の皆さまには、なんのお役立ち情報もないので、最後にひとつ。

セブンイレブン限定で、森永チョコ・ダース×甘酒バージョンが今売っている。

だめっすかね、このプチ情報。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年より悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護中。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)