認知症の母親と3年ぶりに食べた「あの鍋」のはなし

この日の盛岡の最低気温は、マイナス13度。

高校時代まで使っていた自分の部屋は断熱材もないので、おそらく室温も0度くらい。部屋の中なのに、極寒の外にふとんを敷いて寝ているようなもので、寝返りをうったら死が待っている・・・そんなレベルだ。

そんなクソ寒い朝に、急に思いついたことがあった。

ひとり暮らしの母が最近食べてない物はなんだろう・・・と考えたとき、鍋の絵が頭の中でポワポワっと浮かんだ。

おそらく寝ていた部屋が「マッチ売りの少女」か「ネロとパトラッシュの最後」的状況だったから、こんなことになったのだと思う。

なぜか、朝9時に近所のホームセンターに向かった。雪が積もっているのに、自転車で。

うちら親子が食べた鍋で多かったのが、水炊き。カセットガスコンロがない我が家は、台所でグツグツに煮えた鍋を居間へダッシュで運び、冷めるまで食べ続け、冷たくなってきたら鍋を台所へ持って行って、再加熱という意味不明な鍋をやっていた。

母は料理がなんとかできるとはいえ、栄養面は最悪。認知症のリハビリのための料理なのだが、レパートリーも全盛期の9割減だし、独居なので1回作ると2日くらい同じものを食べている。

そんなこともあって、ホームセンターで3,000円の電気で加熱するタイプの鍋を買った。平成ももうすぐ終わるかもしれないのに、居間とキッチンを往復して鍋をする家なんてうちぐらいなものだ。3,000円出して、そんな生活ともオサラバだ。

しばらく食べていない鍋を考えてみたら、「すき焼き」を思いついた。おそらく3年くらいは食べていないはず。

今度は近所のスーパーへ行って、すき焼きの材料をひと通り買った。寒くて、まつげがおかしくなってた。

うちの母が面倒なのは、クックドゥのような調味料が嫌いなことだ。しかし、割り下は必要なので、結局エバラすき焼きのたれを買い、ラベルをはがして透明な瓶の状態にして、うちの奥さんが作った割り下とウソをついた。

いつもはまずくとも料理はリハビリと割り切って母に作ってもらうのだが、今回はわたしがすき焼きを作った。

息子が作る、3年ぶりのエバラのすき焼き・・・未だに頭の中では、橘家円蔵のCMソングが流れている。

エバラすき焼きは、味付けが甘いと母が言う。認知症になる前の母のすき焼きはかなりしょっぱくて、まだ父が家に居た頃は無言で大さじ5杯くらい砂糖を追加していたのを思い出した。まさかエバラが、出て行った父の思い出を呼び起こすとは!

肉は奮発して、和牛にしてみた。といっても1パック1200円だが、超高い和牛でめったに食べられないとウソをついた。

母はあまり肉を食べないので、どうにかして食べさせたいと思っていたのだが、このウソが効果てきめんだった。

おいしい、おいしい

こんなにおいしいと言われると思ってなかったし、記事にするつもりもなかった。だから写真がない(記事タイトル下の写真はイメージ画像)のだが、あまりにおいしいと言われて、わたしもうれしくなった。

80歳でエベレストに登頂した三浦雄一郎さんは、かなりの肉食らしい。高齢者は肉を食べなくなるが、あの話を聞いてから高齢者ほど肉が必要だと思っていたから、してやったりだ。

夢中で食べ続ける母。で、まさかの完食・・・これは本当にびっくりした、エバラすごい。肉も1枚も残さなかった。

朝に思いついたすき焼きで、ここまで喜んでくれるとは夢にも思わなかった。こうやれば肉を食ってくれるのか、ということも分かった。

今年は特に寒いので、2か月後くらいにまたすき焼きをしようと思う。エバラでなく、浅草今半のわりしたで。

3,000円の電気鍋だが、温度調整はダイヤル式。保温があって低温から高温まで調整ができるのだが、保温から少し温度を上げただけで、地獄のマグマのようにグツグツいう・・こんな極端な温度調整の鍋、世の中にあるのか?

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 
■わたしの1作目:名古屋フォレストクリニック・河野和彦先生推薦書!

4 件のコメント

  • くどひろ 様
     ほのぼのしました。2人で鍋を囲む情景も浮かんできて。
     若い頃は子供たちに食べさせようと、あまりガッツリ食べることを母親ってしませんよね。だから、きっと認知症になって幼児の状態だからこそ「おいしい、おいしい」と無邪気に食べるんですよね。

     うちの母にも一人鍋や鍋焼きうどんを昼ご飯に作ってあげてます。私は日帰り介護なので、昼食と夜朝食用の汁ものを作り帰ってきます。認知症を発症して以来10㌔以上やせた母が餓死なんてことにならないように、こんな介護を始めたら一年間は体重をキープしているので、安心してます。

     お互いまた母の為においしいものを食べさせてあげましょ(#^.^#)

  • 奈都さま

    無邪気に食べるという表現、確かにそんな感じでした。体重キープは確かに安心しますよね。うちにはいろんな方が来てチェックしてくださるので、体温であったり血圧や脈拍なども数字を見ながら安心しています。おいしいものが食べられるうちは、可能な限り食べさせてあげたいですね!

  • くどひろ様
    うちの母もお肉(特に脂身)を極端に嫌いました。ですが、好みが変ってきたように思います。
    ファミレスでステーキ丼を頼みましたし、ステーキを「食べる」と言いましたし。
    相棒の母親曰く、施設じゃ牛肉なんてまぁ出ないからね~、ってことですが。
    すき焼き、いいですね。そういえば私も何年も食べていません。
    今度の母との外食は、すき焼きにします。

  • わかなまるさま

    うちの亡くなった祖母も、一時期は鶏のささみしか食べなかったのが、晩年は岩手短角牛のステーキとか食べました。すき焼きがですね、盛岡はなぜか外食がなくて結局3年も経過してしまいました。都内なら、すぐすき焼き屋さん見つけられるのに・・・って思いました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)