認知症の経過報告(29週間目・30週間目) 「祖母の死」 がどう影響したか?

認知症の母(70歳)が、コウノメソッドと出会い、どう変化していくか毎週経過を観察しています。

認知症の母の状態と、現在行っている認知症治療

・コウノメソッド実践医にアルツハイマー型認知症(軽度)と診断されたのが、2013年4月上旬?
・おそらく1年前くらいに発症、祖母が子宮頸がんで入院して家で1人になってから一気に悪化
・サプリメントのフェルガード100M(1日2回)と、お薬レミニール8mgを1日1回処方。
ココナッツオイルとMCTオイルのミックス が、寒さで白く固まってしまいました

30週間目に訪れた 「祖母の死」

「母さんはわたしが病室に行った時、パッと目を覚まし、「母さん」と声をかけると、スーッと息を引き取った」

これは認知症の母(70歳)の、作り話です。”自分の母の死” という、かなりインパクトのある出来事でも、認知症という病気の方が勝ってしまうんですね・・・

正直、母が泣き崩れるんじゃないか? そう思って見ていたんですが、全くいつもと変わりません。おそらくですが在宅介護ではなく、病院での介護だったため、この1年間祖母とは別々の生活をしてきました。だから、悲しさもそんなにないんだと思います。

この週は、久々の親戚と会って話したり、23年別居中の夫と10年ぶりの再会をしたり、お通夜、火葬、葬儀と日々時間に追われ、普段の穏やかな生活は全くできません。そのせいか、完全にパニック状態になりました。

パニックといっても、あわわ・・・って感じではなく、いつもの5倍、同じことを聞くという行為が連続で、しかも短時間で襲ってきます。さらに妄想話を作っては、自信満々に話す・・・葬儀会場に来た方は、それをまともに信じてます。自分が喪主で忙しかったので、母と一緒に行動できなかったのでやむを得ません。今までの経過報告で最悪の週ですが、最高の週でもあったんです。

「祖母の死」は、親族に認知症を知らせるいい機会になった

今回葬儀に来た方は、”ものすごいご近所の” 親族ばかり。たまに家に来ても、短時間では母の認知症に誰も気づいてなかったのです。喪主のわたしは、いろんな方に声をかけながら、母が認知症であることを知らせました。

「全く気づかなかったわー」 「おばあさんもお母さんも両方で、本当にご苦労様ですー」

親戚からみれば、なんで喪主が孫なの? となるわけです。別居中の父の件はみなさん知っていても、母の認知症は知りません。喪主がわたしな理由に、みんな納得したようでした。「暗黙の了解」 って言葉がありますが、何も知らないお通夜に参加した町内会長が面白かったです。

町内会長: 「あれ、だんなさんはどちらにいるの?」
親族  :  ?「・・・・・・・・・」 

わたし(心の中の叫び): 「おいおい、ずいぶんとピュアな町内会長だな!でも事情を知らないし、しょうがないよな。喪主だし、わたしが説明したほうがいいかな・・・」

なんて考えていたところ、たくましいおばちゃんが、

おばちゃん: 「早い話、別居よ、別居!」

こんな微妙なやりとりがあったんですが、認知症の母は全部忘れてます。こんなくだらないやりとり、覚えている必要はないので、認知症でよかった瞬間でもありました。近所や親族など、周囲の体制は 「祖母の死」 をきっかけにどんどんよくなっています。一方で母の認知症の症状は、「祖母の死」 をきっかけに、予想どおり悪化しました。

悪化の本当の原因は、「祖母の死」 ではなく、「祖母の死」 にまつわる家族間のくだらない争い、10年ぶりに再会した夫の心無い態度です。これは別途書きます、わたしが喪主ダイエットに成功し、2㎏やせてヘロヘロになったのも、これですからね(笑)

結論

2週間後に、2か月に1回の認知症検診があります。長谷川式のテストを久々に受けてもらおうと思っていますが、今のままならば20点以下も覚悟しないといけないかもしれません。

 

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)