認知症の母が「サランラップの切れ目を分からなくしてしまう」面白い理由

今週はもの忘れ外来へ通院のため、盛岡に帰省しております。

認知症の母は「一応」料理をするのですが、「1人前」の料理を作ることができないため、冷蔵庫を開けるといつ作ったのか分からない残り物が、ラップも掛けずに冷蔵庫を占拠しています。

母がデイサービスから帰ってくる前にこの残り物を廃棄し、ヘルパーさんの書いた伝票で購入した日をチェックしながら、腐りかけの野菜を廃棄します。

その野菜を母が見つけると、ゴミ袋から冷蔵庫に戻すことがあります。なので、燃えるゴミの日が来るまで、自分の部屋まで持っていき、部屋の外に隠すということをしています・・・なにやってんだ、おれ(笑)

サランラップを突然使いだした母

その日の夜のこと、母がこう言い出しました。

ねぇ、このラップ使いづらいんだけど・・・
くどひろ
え?ラップ使い始めたの?それはいいね~

思い出したかのように、ラップを急に使い始めた母。

認知症になる前の母はマメで、タッパーやジップロックを華麗に使いこなす人でした。それが今は男らしくなってしまって、ラップなしで冷蔵庫に残り物を入れます、若干かっこいい。

暑くなってきたし、食中毒も怖い季節だから、ラップする習慣を思い出してくれてラッキーと最初は思いました。ところが母から渡されたラップが、記事タイトルの下の写真のような大惨事になっていました・・・分かりますか?

みなさんも経験があると思うのですが、サランラップの切れ目が見つからない・・・あれです、あれ。しかもグチャグチャで、1枚ラップをはがしても、どうにもならなくて、2枚、3枚・・・あぁダメ!というレベルでした。

トイレットペーパーでもたまにある現象で、紙の半分だけ手前にあって、残り半分は周回遅れになってズレる・・あれがくっつきやすいラップで起きていました。(写真右側をよーく見てください、グルグル巻きになってます)

結局10分もかかって、ラップを復旧させました。ベッタベタだし、切れ目が見えないしで、あ゛ーーーってなります。

ラップの切れ目が分からなくなる面白い理由

なんで、こんなラップになってしまったのか?

母に復旧したラップを、目の前で切ってもらいました。まずラップを箱からスルスルと引き出して、箱についたカッターでビリっとやりました。文字にすると間違いはないのですが、大きな間違いに気づきました。

今って、下の写真のように親指で箱を抑えながら、ラップを切るのが普通ですよね?

認知症の母は、おそらく昭和40年くらいを生きている感覚なので、当時のイメージのままラップを切ってしまいます。昔って、こんな便利機能なかったですよね?小学生の頃、何度も切れ目探しをしていた記憶があります。

親指で箱を抑えてカットするから、ラップが箱にくっついて切れ目を見失うことなく次も使える、という便利設計なのに、母は昔の仕様の感覚で普通にラップを引き出しては、切ってしまうのです。

そっかぁ・・認知症の記憶が、まさかサランラップの切れ目にまで影響するとは・・・と妙に感心しました。

母は独居なので、帰京したらまたグッチャグチャになるんだろうな・・・認知症ということもあって、こういう新しい?ことは、なかなか覚えられないんですよ・・・うーん・・・

ちなみにこういうネタが、わたしは大好きです。だって、絶対に認知症の本に載ってないじゃないですか?お医者様が決して書かないような話が、個人的にツボです。誰の役にも立たないこういう記事を書いても、読んでくださる方がたくさんいるから頑張れます、ハイ!

ラップで相手をdisりまくる、ラップバトルってありますよね?今度から、このサランラップを両者に持たせて、早く切れ目を見つけたほうが勝ち!というルールに変更しませんか、ラッパーのみなさま。

今日もしれっと、しれっと、Yeah~

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 
■わたしの1作目:認知症専門医・名古屋フォレストクリニック河野和彦先生推薦

4 件のコメント

  • こんばんは。
    お久しぶりです。

    うちの母は、もともと漢らしくて、ラップを使いません。
    残り物は、食器に乗せたそのまま、冷蔵庫・戸棚・テーブルの上にありました。

    ラップの切れ目が分らなくなったときは、ぬれていない食器洗いスポンジで、こすってみるといいかも。
    そんなに力は要りません。
    私は、母宅のでなく、ヘルパーで入るお宅のラップを、これで何度か救いました。

    うちも、50年くらい前の世界を生きてる感じで、最近のものは使い方が分らないようです。

    タクシーのドアを自分で開けようと、手を出すので、危ないです。
    タクシー乗降のときは、母を見張っていて、出そうとする手を捕まえます。

    電池の腕時計なのに、竜頭を回します。
    昔の、ぜんまいを回しているつもりなのです。
    これは、別に危なくないので、好きにさせています。

    ダイソンの羽のないファン(冬場、ヒーターでしか使わない)を消すとき、
    リモコンを与えていず、スイッチが今風なので、電源プラグを抜きます。
    …と思っていたら、3年目にして、ヘルパーさんの消すのを見ていて覚えたらしく、
    この冬は、ときどき、ちゃんとスイッチで切っていました。

    今からでも、覚えることが出来るのは、ちょっと感動ものです。

  • すいかずら姫さま

    お久しぶりです。

    なるほど、濡れていないスポンジという方法もあるのですね、勉強になります。車の乗り降りはうちは母がよく車上部に頭をぶつけるので、必ず手を添えてサポートするのが我が家の日課です。たしかに妙なところで覚えていることがありますよね。まだできることはあると思いつつ、それがいつできるようになるか分からないので判断に困りますね。

  • ウチも、車に乗るときは、私が先に乗り、母の頭を私の手のひらで守りながら、乗ってもらいます。
    (降りるときは、ぶつけないです)
    そして、その手で彼女の左腕を掴んで、ドアが自動で閉るのを待ちます。
    ◇◇◇
    覚えてほしいことは、覚えてくれないですね。
    まぁ、「これこれのことを覚えてほしい」というのは、介護者の身勝手なんですが。
    本人も、覚えようとして、覚えているのではなく、ナゼだか覚えてしまうのでしょう。
    意外と、ヘンなところを「見ていて」覚えるので、「しまった」と思うこともあります。

  • すいかずら姫さま

    「体が覚えている」という状態を実現したくて、最近は入れ歯磨きに50回立ち会って指導したのですが、やっぱり難しいです。ある日覚えている可能性もあるのですが・・・

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)