認知症の母にある強い責任感「人から何かをもらったら、必ずお返しをしないといけない」

認知症 責任感

最近、父の相続のお話や出版の告知ばかりで、認知症の母があまりブログに出てこなくなりました。でも、遠距離介護は今までどおり続いておりまして、最近また母からよく電話が来るようになりました。

デイに来ている人から、家に電話がかかってきて、早く返して欲しいって言われてるのよ!
くどひろ
ん?何を返さないといけないの?
ほら、折り紙。1日中デイで折っている人いるでしょ!その人が折り紙(記事タイトル下の写真が現物)を返して欲しいって、わざわざ電話番号をデイから聞いて、それでうちまで電話してきたのよ~

このやりとりは2年前にもよくあったのですが、最近またスイッチが入ったみたいで、ほぼ毎日2回ずつ東京のわたしのところへ電話してきます。わたしも介護者としての好不調の波がありまして、まず絶不調だったダメな例をご紹介します。

くどひろ
デイサービスが、他の利用者さんの電話番号教えるはずないでしょ?
何言ってんの、さっき電話来たのよ、さっき!わたしが嘘つくはずないでしょ!
くどひろ
なんて人から、電話きたの?
ほら、あれ、1日中折り紙折っている、ほら・・・・だから電話来ないはずないでしょ、さっきのことなんだから!わたしが嘘つくわけないでしょ!

てな具合で、母の妄想に対して正論で立ち向かって怒らせてしまいます。わたしはいつも忙しくないのに、たまに忙しくなると余裕がありません。そんな時つい、正論言っちゃうんですよ・・・それで後悔して、「あぁ~、またやっちまった。学習しねぇな、おれ」って自省します。

しかし、最近は父が亡くなったこともあって、母がわたしに電話してくるだけでうれしいモードになっています。「うわっ、ちゃんと東京に電話かけられてる!」と思うことすらあって、超寛容モードのほうが圧倒的に多いのですが、たまにこういうミスをします。ちなみに超寛容モードの場合は、こう切り返します。

くどひろ
あの折り紙ね、他のみなさんも同じようにもらっているんだってよ
あら、そうなの?わたしだけじゃないの?
くどひろ
そうそう。デイでもね、どんどん折り紙がたまって大変だから、みんなに無料で引き取ってもらうと助かるって言ってたよ
それなら、返す必要ないわね

これはわたしの作り話ですが、お互い笑って終えることができます。母の深層心理にはどんな思いがあって、こういった妄想になるのでしょうか?それは、

人から何かもらった場合、必ず何かお返しをしなければならない

これです。

デイで他の利用者さんが作った折り紙は、金銭的な価値はないかもしれません。しかし、何かもらってしまったということに対して、必ずお返しをしないと母は気が済まないのです。家にはその折り紙があって、それが目に飛び込んでくるたびに毎回毎回「お返しをしなきゃ」と思う、でもお返ししたかどうか記憶もないし、分からない、そしてわたしに電話をしてくるの繰り返しです。

妄想への対処法

こんな時の対処法は2つしかなくて、

  1. 時が過ぎるのを待つ
  2. 折り紙を隠す

これだけです。1のパターンで成功した千羽鶴が居間に飾ってあるのですが、今回はわたしに余裕がありません。相続は終わらないし、新刊の発売前です。それで2を選択して、折り紙を隠すことにしました。すると、母のお返ししないといけないスイッチは消え、電話も来なくなりました。

妄想のストーリーとしてはどうかなとは思うのですが、すごくまじめな母なんだと思います。ものでなくて感謝の気持ちを伝えるだけでお返しになると思うのですが、やっぱりものとかお金で返さないとバランスがとれないと思っているんでしょうね。

電話が鳴るたびに「また来た・・・」と正直思いますが、生きている証拠なんですよね。認知症の症状が進んで、できないことも増えてますが、電話はできるんですよね。やっぱり父の死の影響で、かなり母に対して寛容になり過ぎてます。この効果はいつまで持続できるかな・・・

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
2017/12/06発売の自著 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です!
スポンサーリンク

 

認知症 責任感
■わたしの1作目:認知症専門医・名古屋フォレストクリニック河野和彦先生推薦

2 件のコメント

  • くどひろさん、こんばんは。

    細かい事は書けませんが、今日のお話は興味深い内容でした。
    本当に妄想だけでのお話なのか、お母さまがお話されてる先方の方は
    どのような身体状況の方なのか、また施設の対応も本当に連絡先を教える事は絶対にないのか?等々
    色々思い巡らせるばかりです。
    だから認知症という病気は、難しい事が多いなと感じます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか