認知症の経過報告(38週間目・39週間目)・ヘルパーさんが変わると大混乱

認知症の母(70歳)が、どのように変化していくかをブログで報告しています。

認知症の母の状態と現在行っている認知症治療

・コウノメソッド実践医にアルツハイマー型認知症(軽度)と診断されたのが、2013年4月上旬
→ 今回の診察で、ピック病の疑いもありとのこと?
・おそらく1年前くらいに発症、祖母が子宮頸がんで入院して家で1人になってから一気に悪化
・サプリメントのフェルガード100M(1日2回)と、お薬レミニール4mgを1日1回処方
→ この週よりレミニールを中止し、フェルガード100Mのみになる

決まった習慣が崩れるとだめみたいです

うちに来るヘルパーさんは、ほぼ決まっています。2013年4月から来て頂いていて、すでに9か月目に突入。最初はなかなか覚えられないので、写真を撮って飾ったりしていたんですが、会話が増えていく中で覚えるようになりました。

そのヘルパーさんが、この1月は長期休暇をとるとのこと。そうなると新しいヘルパーさんがくる頻度が上がるんですが、こういう状況になると、うちの母は必ず同じ事を言います。

母: 「○○さんはヘルパーのお仕事、辞めちゃったの!」

わたし:「辞めてないから・・・ 来月また来るってさ」

母: 「あらそう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、○○さん、ヘルパーさん辞めるってよ」

わたし: 「・・・・・・・」

先日の認知症テストで、まさかの絶好調!28点(30点満点)を取ったとは思えない、この対応ぶりです(笑) まだ確定ではないですが、もしアルツハイマー型ではなく、ピック病ならば確かにこういう 「変化」 に弱いというところはあてはまります。

そして新しいヘルパーさんに対しては毎回、絶賛するか、相性が悪いと言い出すかのどちらかなんですが、今月いらしてくださった2名の方はというと、

母: 「Aさん、大好きだ~」

わたし: 「おー、よかったねー、いい人多いよねー、ヘルパーさんって」

母: 「Bさんには、怒られた」

わたし: 「そうなんだぁー、ふーん」

怒るヘルパーさんなんていないんですが、いつものことなので 「説得しない、否定しない」 と自分自身に言い聞かせて、「そうなんだぁー、ふーん」 という対応にしています。以前はというと、

わたし: 「ヘルパーさんが怒るわけないって!怒ってたらクビになっちゃうでしょー」

母:   「それもそうよねー、でも怒ってた」

という話を何百回としてきたわけですが、もうさすがに止めました。未だにストレスを感じながらのコトバなんですが、いい加減慣れないとなぁ・・・役者になりきることが大切だそうですよ、介護する側は!

結論

ピック病の疑いもあり、レミニールというお薬が終わりました。フェルガードのみで様子を見ます。またこれでどう変化していくかを、経過観察する必要があります。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)