認知症の経過報告(45週間目)・人間は同じ事を何度まで我慢して聞けるのかの答え

認知症の母(70歳)が、どのように変化していくかをブログで報告しています。

45週間目は東京に滞在。先週はソチオリンピックが、まさかの大きな介護ストレス(詳しくは前週参照)を生み、疲れたまま帰京しました。昨年の今頃は、交通費月10万越え&深夜バス移動、でもってサラリーマン生活。

深夜バスの利用も止め、新幹線での遠距離介護。帰省頻度も月2往復から1往復にし、長期で帰省するように変更しました。条件的には疲れないように、そしてお金もかからないようにと工夫してきたんですが、やはり疲れるものは疲れるんですね~

帰京したその日&次の日は、妙な解放感があって、かなり爆睡します。帰京して3日目くらいから、通常の生活に戻る・・・そんな生活が数か月続いています。母と一緒に過ごすだけで、なんか疲れるんですよね~

想像以上に

「同じ事を何回も何回も我慢強く聞く」 

という行為が、介護ストレスを生んでいるようです。以前記事にしましたが、5回までらしいですよ、人間が同じ内容を聞くことができる限度は。わたしも5回過ぎると、

「さっきもそれ言ったよ、これで5回目!」

と、”怒らずに” 指摘するようにしています。問題は、この5回に達するまでの時間です。我が家の場合、この5回を ”3分以内” に達成してしまうことがあるんです!(笑)。これが10分、30分、1時間と経過すると、リピート回数はどんどん増えます。なので部屋から逃げたり、風呂に入るようにしています。

東京滞在中は正直、経過報告のネタもあまりない事が多いのですが、45週間目は電話がよく鳴る週でした。

認知症の母の状態と現在行っている認知症治療

・コウノメソッド実践医の診断が、アルツハイマー型認知症からピック病に変更
・おそらく1年前くらいに発症、祖母が子宮頸がんで入院して家で1人になってから一気に悪化
・サプリメントのフェルガード100M(1日2回)のみに変更

リハビリを勝手に断る

今月より始めた、シャルコー・マリー・トゥース病のリハビリ。

歩けなくなると今後さらに大変になるので、どうしても受けて欲しいリハビリです。水曜日の夕方に作業療法士さんから、電話があり、

「本日訪問したところ、玄関に貼り紙が貼ってあってリハビリをキャンセルしたいと」

最初は全く意味が分からなかったんですが、すぐに推測がつきました。結局、

「その日にあった歯医者の予定を ”利用して”、 リハビリをキャンセルした」

のです。確かに歯医者の予定が夕方にあったんですが、リハビリは午後一。全く影響ない時間なんですが、リハビリが嫌いな母は、

「歯医者の予定があるので、本日はリハビリをキャンセルでお願いします」

と書いたのです。今後の対策としては、

1.わたしがリハビリの予定を書かずに、いきなり訪問する仕掛けにする
2.リハビリを断る連絡があっても、無視して訪問するようにする

このようにしました。ゴミ捨てや買い物を勝手に断る ”くせ” がある母。ヘルパーさんは1年以上お世話になっているので、断りぐせ を分かっていて、無視して訪問してくれます。これをリハビリにも適用する作戦です。母は、

「断りの電話をしたことを忘れる」

んですね。だから、無視して訪問しても、普通に受け入れてくれます。こちらの件が終わったら、さらに電話が鳴りました。

ニトリから電話が来る

いいね!を29個も頂き、反響があった?「親家片」の記事。この記事で出てきた食器棚をニトリに廃棄処分してもらいつつ、新しい食器棚が届く日を設定して帰京しました。どんな感じで設定したかというと、こちら↓

syokki

汚い字ですみません・・・ 食器棚が来ると分かってからの母は、

母: 「何日に来るの?何時? 何色の?高さは?幅は?」

って、もー、しつこいのなんのってwww  食器棚は結構早めに片づけてしまったので、新しい食器棚が到着するまで10日間ありました。その間、毎日この質問を受けるので、いやになってこちら作成しました。

ポイントは 「写真」 で示すということです。カラープリンターがないので、

スマホで撮影 ⇒ USBにデータを移し ⇒ セブンイレブンのプリントサービスでLサイズの写真にする

という事をしょっちゅうやってます。新しいヘルパーさんが来た時とか、新しく関わる人が増えた時は必ずこれやってます。認知症だからしょうがないんですが、一番効果があるのがこの 「写真」 です。食器棚の質問も、写真で日々回答していたんですが・・・・

ニトリ: 「引き取るはずの食器棚がありませんでした」

わたし: 「えーーーー」

玄関そばに食器棚を移動しておいたんですが、なぜ電話が鳴ったかを推理しました。

1.母が食器棚を移動しておいたことを忘れて、ニトリに伝えられなかった
2.ニトリが玄関そばの食器棚を、完全に見落とした

この2つが重なって、翌日の引き取りになりました。食器棚が来る日付、その写真まではよかったんですが、引き取る食器棚の場所を書かなかったのが、わたしのミスです。

東京に帰ってきても、やはり心休まらず・・・・

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)