認知症の経過報告(1年と5週・6週・7週間目)・Skypeで監視

この3週間は東京から、母を一方的にSkypeで監視してました。

3週間分も経過報告をまとめたことがないので、それだけトピックに乏しい週でした。特に問題も起きなかったってことですね。これが理想なんですが、ブログ読者のみなさま的にはつまらないですよね・・・(笑)

下記写真が実家の居間のテレビの上にあるWEBカメラで、東京から一方的に監視が可能です。母側で着信操作もいりませんし、着信時にピーとか、ガーとかいいません。ただ、下記写真の青ランプが緑に変わります。

20130328_191755

Skypeなんで、テレビに向かって母が話せばテレビ電話状態にはなりますが、そんなに毎日毎日、親子で会話することってないですよね・・・しかも会話のパターンが同じなんで、うちの母は特に・・・・なので、わたしが一方的に監視をしています。

元NHKディレクターで、先日Nスペで 「母と息子3000日の介護記録」 を撮ってくれた相田洋さんも、カメラで母を監視していました。相田さんはSkypeがない時代でしたから、ご自分で作ってました。何か所にもカメラをつけてましたが、うちはひとつです。

だいたい生活パターンは決まっているので、朝ごはん食べてるかなぁ~とか、いつもテレビ見ている時間帯にテレビの前にいるかなぁ・・・そのようなチェックです。

ところが最近、テレビの前に母の姿がない事が多くなりました。居間でほとんどの時間を過ごしている母ですが、なんか見当たりません。まさか、手足が不自由なのに、自転車を使って徘徊・・・?

理由は 「暑さ」 でした。

ここ数日あまりに暑いので、居間ではなく別の部屋で涼んでいたと。

昨年も同じような事があったので、エアコンを設置したのですが、今年の夏が初冷房ということで、使い方が分からないというのもあったと思います。また、扇風機をどこにしまったか忘れてしまったのも原因です。

ということで、エアコンの使い方もレクチャーしたんですが、覚えられるかな・・・・暖房は使っていたので、大丈夫だと思ってます。

何せ新しいガスレンジ(2014年1月設置)の着火ボタン、5か月間毎日使っていても間違うんですよね。食器棚もうまく整理ができずにいます、新しい事はできるだけ避けていかないといけないです。

見守りポットよりも、Skypeのほうがやっぱり便利です。

結論

大きな問題はないのですが、やはりひとりでサプリメントを決められた日に飲めなくなってきているのがショックです。取り繕ってまとめて飲んだりもしますが、サプリなので問題はないです。薬ならNGだよな・・・

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)