認知症の経過報告(1年と11週・12週間目)・どうしたの?その指!

東京から帰省して、しばらく話をしていると、

母:「指切っちゃってさ、輪ゴムで止血したから大丈夫」

わたし:「えっ?どれ、見せて。うわっ、これかなり深いよ、しかも肉が出てきてる!!

母:「切っちゃったのよ、えっと・・・・あれ?いつだったかな?なんで切ったかな?」

左手の中指を5mmほど、深くえぐるように切れた傷です。包丁で切ったのか、はさみなのか?いずれにせよ、切った時期と原因が全く分かりません。

わたし:「70歳でこの傷はやばいでしょ、明日は病院決定ね」

母:「だいじょうぶだって、全然痛くないし」

わたしがここで考えたのは 「自傷行為」 です。認知症の人の症状にあるんですが、”かまってちゃん” 的な行動が最近多いのでそれかと。いろんな本を読んだりイベントに参加しすぎたせいか、最悪ケースを考え過ぎる自分・・・いかんですね。

翌日、近くの外科へ早速連れて行き、外科の先生の前の席まで母を連れて行きます。で座ったあとの、先生とのやりとりです。

母: 突然靴下を脱ぎ出す!

わたし:「そっちじゃない、なかゆび!手ね!」

母:「あー、そーだった。なんか片づけしてた時に、指を切ってしまって」

わたし:「先生すみません。”本当は” 時期も理由も不明なんですが、とにかく深く切れてまして・・・」

先生:「これ、だいぶ時間が経ってますね。むき出しのまま長時間放置してたから、肉が見えてます。」

わたし:「先生、これくっつきますかね?高齢ですし・・・」

先生:「大丈夫ですよ、2日後にまたいらしてください。テープを貼りますが、濡らさないようにお願いします

とりあえず大丈夫とのこと。近くのスーパーに寄ると、おそらく30年ぶりに近所のおばさんに声かけられました。

おばさん:「あらぁ、40kaigoさん!帰ってきてたの~、親孝行だね。40kaigoさんに甘えなさい!」

腕を組んでスーパーに入ったので、おばさんはただの仲のいい親子と勘違いしたようです(笑)母が手足が不自由なことも、認知症なことも知らない人なのでしょうがないんですが、にしても・・・そうきたか!!

で家に帰ってきて料理を始めると、いきなり手を濡らそうとします。早速先生の言ったこと、忘れてます!

わたし:「ストップ!!ゴム手袋してー」

母:「あら、そうねー」

簡単な食事を作り、食べ終わりテレビを見ます。食後の後片付けを始めようとした時、また手を濡らそうとします(笑)こりゃ言ってもだめだなぁ~ってことで、近くの薬局に行って指サックを購入しました。

002

昼食はなんとかしのぎ、夕食も無事終了。指サックが若干きつかったらしく、血が止まっているとの訴えが母からあったので外してあげました。

わたし:「おやすみー」

母:「おやすみー、顔洗って寝るわ!

なに?顔あらう? 部屋に帰る途中でいやな予感がしたので、すぐ折り返しました。

すると予想どおり・・・・思いっきり手を濡らしてます!!!

半日の間、濡らさないように監視し続けたのですが、一瞬にして水の泡です。最近ホント、注意力散漫だし、深く考えずに行動する傾向が強くなっているんですよね・・・調子がいい時は遠距離介護の頻度を減らそうかなって思うんですが、こういう小さな事件があるとやっぱり通わないとなぁって思いますね。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)