認知症の経過報告(1年と23週・24週間目)閉経はいつ?と聞かれ

母:「ねぇ、閉経はいつだっけ?」

わたし:「知らんがな!」

これは市の子宮頸がん検診の一幕。母子と言えど、こんな会話する家ないでしょう(笑) 

娘ならともかく、息子ですからね・・・昨年、祖母が子宮頸がんで亡くなったので、今年はがん検診を受けてもらおう!そう思って連れてったら、出だしからこれですからね、どひゃー

以前、中村うさぎさんと美保純さんのユニット、閉経b48を結成したというニュースを思い出した

この日は乳がん、子宮頸がん、肺がん、大腸がん、胃がんの5つを予約。最初の子宮頸がんの質問票でいきなりこんな事になり、「やっぱり婦人系は息子じゃなく、娘だよな~」と後悔。

ちなみに初潮は覚えていて、認知症の特徴どおりだなと。(直近のことは忘れ、昔の事はよく覚えている)質問票は自分で書いて欲しいのですが、ピック病の暴走があって、質問票をよく読まないんです。すべて ”はい” に丸したことがあって・・・そのため付き添います。

実は前々日から、我が家はがん検診で大騒ぎだったんです・・・

前々日から当日朝までの騒ぎ

「どこの病院行くの?」
「なんの検診なの?」 「何時からなの?」?
「がんは遺伝するでしょ」 
「わたしこの病院、行ったことある気がする(行ってないけど)」
「昔、A町にあった病院でしょ(違うけど)」

前々日の夜にがん検診の予定を伝えたところ、当日までに上記ワード各20回ずつ合計120回以上聞かれたんですが、こうなる事は予想済。なので下記文章を紙に書いて指差し!質問されたら 「はい、この紙見てね~♪」 と対応。

「がん検診は明日7時30分出発で、A町のB病院であります。初めて行く病院です!」

今回は胃がんの検査があったので、前日夜8時以降は飲食禁止だったんです。油断すると牛乳を飲んだり、朝食を作りかねないので、このような厳重措置をとりました。

お水をつい飲んでしまいそうなので。
020

冷蔵庫の牛乳を飲みそうなので。
017

朝食をついつい作ってしまいそうなので。
019

キッチン3か所にこの貼り紙をした結果、何も飲まずに無事就寝。?

ところが翌朝起きてみると、これら貼り紙はすべて剥がされてました・・・うぎゃー!

母:「大丈夫、分かってるから!飲んでないから!」

貼り紙はよくやるんですが、だいたいはがします(笑) 分かった ”つもり” で母は貼り紙をはがすんですが、案の定この質問です。

母:「水は飲んでいいんだっけ?」

わたし:「・・・・・・・だめでしょ!」

最高におもろいよ!って思えるまでに成長した自分を褒め、レンタカーで病院へ。そしたらですよ、まさかの胃がん検診中止(笑)

「別の病院で、胃カメラを飲んでもらったほうがいいですね~」 と看護師さん。

貼り紙の苦労もあるし、東京から駆けつけたし、2か月前に予約とってるし、10年以上検査やってないので、

「なんとか実施する方法はないですかね?今日は東京から来まして、10年も受けてないもので」 とわたし。

すると、母がここぞとばかり、

「今日はいいんじゃない、胃がんは(本人はラッキーと思ってる)」

看護師さんもご本人様がそう言ってますしとか言って、検診をパスさせようという流れに持っていきます。冷静に考えると、握力左手が5㎏しかない母があの胃カメラ台に耐えられるわけないんですよね・・・・ということで、胃がん検診は中止となりました。

前日の貼り紙は、捨て看板屋で働くための練習?ガン検診は無事終了。検査結果がよければ、すべてよしってことで。

今回のランチ

月1回必ず行く、近所のそば屋にあるおはぎ(150円) 母が突然 「おはぎ、ホントにおいしいです!」 と。店のおばちゃんは「止めようと思ったんだけどね」と言うと、母が「続けてください!」 って。前回おはぎを食べたことを忘れている母ですが、こういう暴走はウェルカムです。

09-03@11-59-53-121 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)