認知症の経過報告(1年と25週・26週間目)うんこのはなし

まずは祖母のうんこのはなし

(食事時は読まないでくださいね) うんこに関しては、母は初期の認知症なのでひとりでトイレに行けます。

亡くなった祖母はやや高度の認知症だったので、弄便(ろうべん・便をもてあそぶ)がありました。病院の壁につけたり、病衣をあまりに汚すのでつなぎパジャマを購入するように病院から言われました。

便対策ができているつなぎパジャマなのに、祖母はどこからか手を入れてしまい、結局パジャマは便まみれ。病院の方がパジャマの下洗いしてくれて、わたしが病院に洗濯物回収に行くと、カゴの中にビニールにくるまれたパジャマが入っていたものでした。

便をいじらない時のきれいな洗濯カゴ↓
20130922_125306

そのビニールを車に積んで自宅に運んで、母が洗濯というのを1年近くやっていたのですが、うんこは臭い!老人臭もすごかったので、車の中がえらい事になって・・・で、急速イオン消臭ヌーラ?っていうアンモニアも消しちゃう臭い消しスプレーを使って、臭いを緩和しておりました。

つなぎパジャマに臭い消しスプレーをかけて、祖母に着させる
20131026_084106

母のうんこのはなし

この経過報告は母のことなんで、うんこでも 「検便」 のほうです。大腸がん検診を受けてもらうために5日間で2回、便をとる必要がありました。母は認知症ですので、口頭で 「検便とってね」 と伝えたところで忘れるじゃないですか!だから、

わたし:「今から、大する?」
母:「いや、小よ。」

トイレに行く都度、声かけをしました(笑)毎回トイレに行く都度、わたしが確認するもんで、

母:「そんなに言われたら、出るもんも出ないじゃない」

普通ならこのコトバ、何にも感じないはずですが、わたしの場合は、

わたし:「そんなに言われたら?言った事覚えているよ~」

と変に感動してしまうのでした。でも、わたしが外出する時もあるので、トイレの内側の扉をこうしました。

便座に座ったら、イヤでも目に入る位置に貼ってみました↓
20141007_074922

そしたら案の定、朝6時というお年寄りタイムに自分で採取したみたいでした。

正直、手順どおり便が採取できているかは不明です。1回目と2回目の容器間違えているし・・・見たくないけどチェックしたら、茶色く濁ってました。

うちは車がないので、バスで30分かけて病院まで検便を運びました。今回はものわすれ外来の受診と、この大腸がん検診のために帰省したので、目的達成です!

全然関係ない話ですが、昔の職場の同僚が健康診断で検便を持参したのですが、あろう事か検便の入った紙封筒を、電車の網棚に置き忘れ。駅員さんに当然、中身チェックはされるわけで・・・

PAK86_kusoyarareta20140125500

その方、小田急線で新宿経由で通勤していたんですけど、忘れ物(検便)の届け先がなんと小田原!新宿からだと、急行でも1時間30分かかる距離。バックに入れたくない心理も分かりますが、紙封筒に入れて運ぶのもね・・・小田原まで泣く泣く取りに行ってましたよ、アホだ~

今日のランチ

カレーのナンを食べるのに70年かかった母ですが、吉野家の牛丼も食べた事ないので食べさせてみました。おいしいといいつつ、ごはんが多かったみたいです。

しかし、どの店に行っても最初はおいしいといい、しばらくすると 「あの店まずかった~」 というのはなぜでしょう?毒を吐かない母ですが、お店に対しては毒を吐くんですよね・・・

20140901_164421

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)