認知症の経過報告(1年と27・28・29週間目)妄想の対処方法を変えてみた

母:「佐藤さん(仮名)が来てね、おばあちゃんの仏さん拝んでいったよ」

わたし:「佐藤さん?誰、それ?」

母:「おばあちゃんがお世話になってたデイサービスの人よ」

わたし:「亡くなってそろそろ1年だけど、なんで急に拝みに来たのかね?来たんだ~」(全く信用してないけど、とりあえずこう回答)

母:「あとね、わたしにデイサービスに来ないかって勧誘受けてさ」

朝も昼も夜もご飯を食べている時に、必ずこの話をします。しかも今月初めから数えて、1日目、2日目、3日目、4日目、5日目・・・あれ?今回は収まらないな、いつまで続くんだ??

わたしが東京に戻って、期間を空けると収まることが多いのですが、今回は1か月に渡る執着です。わたしの返答も、

わたし:「ふーん、そうなんだー」 → 「あ、そう」 → 「分かった分かった」 → 「もう5回以上聞いたよ」 → 「もう分かったから」

決して声は荒げませんが、さすがに模範解答ができなくなってきました。あまりにしつこくて、これは確認しないと止まらないな・・ということで、祖母がお世話になっていたデイサービスの相談員の佐藤さんにお電話しました。

ちなみに、同じことを何回も言う人への対応の仕方はこちら↓

  認知症で 「同じ事を繰り返し言う人」 に対しての 「対処法」 のはなし 認知症で 「同じ事を繰り返し言う人」 に対しての 「対処法」 のはなし

うちの電話機は30年前なので、録音機能がありません。受話器の耳のところにスマホを挟んでボイスレコーダーをONしながら、佐藤さんと会話です。

わたし:「以前祖母が大変お世話になりました、孫の40kaigoと申しますが・・・」

佐藤さん:「ケアマネさんから聞きましたが、私どもがお線香をあげたり、訪問するということはないんですよ」?「すごくリアルにお話しされたとケアマネさんから聞きましたが、1度も伺ったことないんですよ」

わたし:「ですよねー 母も認知症で、そういう妄想があったりするもんで・・お騒がせしました。」

訪問することはないという部分だけ、ボイスレコーダーを母に聞かせました。すると、

母:「あら?何かしらね、気のせいかしら。確かにここに座ったんだけど・・・」

認知症の人に説得はしないほうがいいと言いますが、症状が軽い場合は説得するのもありですよね。長谷川式認知症スケールで5点だった祖母には説得しませんでしたが、まだ20点後半を取れる母には、”時には” 説得します。

基本は5回同じことを言われるまでは、そうなんだー って言います。6回目ぐらいからは指摘して、いったん東京に帰って繰り返しが止むのを待ちます。それでも止まらないならば、説得です。

ケアマネさんから心配の電話を頂いたのですが、わたしはというと、

わたし:「あ、いつものことなので、全く気にしてません。大丈夫ですよ、死ぬわけじゃないし」

ケアマネさんも安心したようでした。日常茶飯事なんで、本当に気になりません。ガン検診結果も問題なかったし、とりあえずよかったです。認知症の症状は特に変わってませんが、ピック病特有の待てない感覚は変わらずですね。

全然乾いてないわたしのシャツをきれいに畳んでますからね、これもいつものことなので隠れてわたしが干してます(笑)炊飯器炊き上がる2分前にジャーを開けるのも、いつものことですが慣れました。

今日のランチ

近所にあるお蕎麦屋さんなんですが、なんと1日15食限定なんですよ。あまりに少ないので平日でも、すぐ満席になります。昼のみ限定営業で、土日祝日休み、お盆と冬はお休み。限定しすぎ(笑)母のリハビリ(歩行訓練)にちょうどいい距離なので、月1回は行ってます。

09-03@11-53-57-709

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)