認知症の経過報告(1年と31週・32週間目)2015年のスタートです!

母:「あら、お花の柄ねぇ~ きれい~」

しばらくすると、遠くの方で妙な音がします。

「バリ、バリバリバリ・・・」

な、なんだ??なんの音だ?

手に何かをもった母が、戻ってきました。?

母:「この写真、どこかに飾れるかしらね?」

わたし:「ん? なにそれ?」

母:「カレンダー交換してきたよ」

わたし:「えーー、まじで!」

20年以上お世話になっている電器屋さんがこの日、毎年恒例となるカレンダーを持ってきてくれました。何も考えずに居間に置いておいたわたしがいけないんですが・・・

とにかく待てないのが母の症状。去年はカレンダー我慢できてたんだけどな~ こうやって少しずつ進行するんだなとか思いつつ、

わたし:「ちょ、ちょっと(笑) 今日は何日か分かる?(電波時計を指差す)」

母:「ん?12月?いや2015年? あら、まだ11月だったの~ ハハハ」

母:「あの電器屋さんから何か買わないといけないのかしらね、毎年持ってきていやだわ」

わたし:「無料だから気にしなくていいでしょ、別に買わなくていいんだから」

毒を吐く性格ではなかったのですが、やはり認知症特有の被害妄想があるので、人には聞かせられない事をよくいいます。わたし自身のレベルが最近アップしていて、こういう軽めの出来事は笑ってやり過ごすことができます。

普段よく見る場所のカレンダーならばまだ早い!と言って元に戻すのですが、あまり関係ない部屋のカレンダー。その部屋だけ2015年が始まりました、今年もよろしくお願いします??

こちらが実際の写真。まだ11月だってーの(笑)

20141123_072955 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年より悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護中。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)