認知症の経過報告(2年と13週・14週間目) 銀行で暗証番号を聞かれフリーズした母

前回、「もの盗られ妄想」の対処法 「キーファインダー」 ってなに? では、モノが無くなったらキーファインダーというツールで探せばいいんだ!という事を書きました。

購入してすぐ、よく失くすボールペンと財布入り巾着袋に取りつけました。そのついでに我が家恒例、財布チェック(金額のチェックと、たまる小銭を両替して札にする)をしようとしたら、お財布がない、ナイ!

物盗られ妄想 対処法

巾着袋は100回以上探し当ててきたのですが、財布を失くすのは2年間で今回が初。ということで、捜索開始しますっ!

定番スポット探し、そしてデイへ連絡

今まで100回以上の捜索経験があるわたしは、それはそれは名探偵です。(今はまっている探偵ものは、名探偵モンク)家のここをチェックすれば・・・・あれ、ない。ここにあるはず・・・ん、ない。じゃぁ、ここは・・・ナイ!

次にデイサービスに電話。財布が失くなった事を伝えると、送迎車の中や施設内をチェックしてくれました。しかし、ありません。

「帽子を失くす方が多くて、だいたい3か月後くらいに家から見つかることが多いです」 とデイ所長。「わかります~、それ」 と言いながら電話を切ったのですが、結局見つかりません。

買い物先のデパ地下へ電話

デパ地下といっても単なるスーパーです。そこで買い物を、デイ職員と一緒にしている母。デパートに電話してみるものの、やはり届いてません。職員さんに支払時の財布を思い出してもらおうと思ったのですが、覚えてませんでした、そりゃそうだ。

自宅からデイへ送り出しするヘルパーさんにも確認しましたが、やはり覚えてません。ないっ!

銀行へ電話、いざ警察へ!

確か、キャッシュカードの裏に暗証番号を書いてた気が・・・これで引き落とされたら、保証されません。なのですぐ銀行に電話して、キャッシュカードを止めました。その後、自転車で15分かかる警察へ行き、遺失届を記入しました。

失くしてから1週間後

1週間経っても、家の中、施設、デパート、どこにもありません。明日東京に帰らないといけないので、キャッシュカード再発行の手続きをしに、母と2人で銀行へ。書類を書いていると行員が、

行員: 「暗証番号をこちらに記入いただけますか?」

母: 「・・・・・??」

いつもATMの操作はできるのに、なぜか緊張して思い出せません。付き添いのわたしは暗証番号を知っていたので、手に書いて、これでしょ?といって見せても、なぜか絶不調・・・思い出せないし、納得しません。

そして、母はこうつぶやきました。

母: 「生年月日だったかな?」

はい!NGワード・・・それを言ってしまったら、今の銀行では暗証番号として使えません。

行員: 「生年月日は暗証番号にはできません!別の番号にしてください!」

ときっぱり。ということで、全く違う暗証番号になってしまいました(泣)今後はキャッシュカードはわたしが保管し、ATMに行ったら横で暗証番号をつぶやくようにします。キーファインダーをつける前に、財布を失くすという奇跡(笑)

失くしたモノ

現金1万5000円(推測)、スーパーのポイントカード、美容室のポイントカード、財布自体

今までモノを失くしても、失禁してもへこまない母でしたが、今回の財布は初めてへこんでました。

母: 「お父さん(別居中の夫)がもしいたら、怒られてたわ。しかし動じないあんたを見てると、こっちも落ち着くわ」

「そういってもらえてうれしいよ・・・サラリーマン時代の理不尽な要求に比べれば、割と冷静に対処できるんだよ」 とボソボソ独り言を言いながら、家へ帰りました。

翌日東京にいる私に、母から電話がありました。

母: 「財布見つかったわよ!」

わたし: 「えっ、どこ!どこにあったの!」

母: 「ポーチの底に貼りついていたわよ」

そんなはずはない・・・厚みがあるから底に貼りつくわけが・・・・ヒアリングの結果、新しい財布を見て、見つけた!って電話してきました。2人で大笑いして、終わりました。しかし、どこへ行ったかな~、まっ、いいか、100万落としたわけでもないし。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)