認知症の経過報告(4週間目)

認知症の母(69歳)が、コウノメソッドと出会ってどのような認知症の経過をたどるのか、ブログに残していきます。

認知症の母の状態と、現在行っている認知症治療

・アルツハイマー型認知症と診断されたのが、2013年4月上旬?
・症状自体はおそらく1年前、祖母が子宮頸がんで入院して家で1人になってから一気に悪化
・脳の委縮はほとんどなく、軽度の認知症と診断
・現在服用しているのは、フェルガード100Mのみ。1日2包服用
・この週はわたしは実家に滞在、母とは電話のみ

4週目に現れた効果

この週は1つだけ大きな変化がありました。

その大きな変化が起きる前日、母はこう言いました。

『明日は歯医者に行かなきゃいけないし、白髪も気になるから美容室も行かないと』

過去にもそんな事を言って、翌日に 『あれ?歯医者行くんじゃなかったの?』 と聞くと、『また今度』 といって結局は外出せず、家の中だけの活動ってのが何回もありました。その日わたしは車の洗車と市のスポーツジムへ行くため外出。いつものように携帯に電話があったのですが、残念ながら出られず。

家に帰ってみると、冷蔵庫のホワイトボード(認知症対策で、ふだんは昼ごはんのメニューとか、夜ごはんのメニューとか書いている)に、

”歯医者に行ってきます”

おぉーーーーー、すみません、これまた普通のはなしなんですけど、わたしから見ると 『自ら外出したよー、これで2回目?』 っていう感動です。いつもはしょーもない言い訳を言いまくっては、外出を拒否してたのに、以前は場所が分からなくなった美容室にひとりで行ってるし、歯医者も行けた!

妄想は相変わらず変わってません。22年前に出ていった父は全く家には連絡してきてないんですが、認知症の母はずっと妄想の中で、『家に戻ってくる』 と思っていて、これがなんとも切ないです。これが朝起きて、昼ごはん食べて、夜寝る前の最低3回はこの話をします。

フェルガードのおかげなのか、それとも単なる調子がいい週だけなのか?という判断が難しいんですが、1ヶ月経過してみていろんな小さな変化は何かしら起きています。調子がいいだけで毎週何か起こるわけもないので、フェルガード効果はあるんだろうな・・・と思っています。

・わたしが東京にいるという事も、以前は分からなかったけど、今は完全に分かっている
・フェルガードを自ら飲む習慣が少しずつついている (飲んだ事は忘れちゃうけど)
・妄想話自体は相変わらずだが、妄想の種類が減った

自分でブログに記録を残しながら、たまに前の週の記事を読んで思い出すようにしています。お医者さんやケアマネさん、ヘルパーさんが魔法のように認知症を治してくれるものではないので、こういった小さな変化が積み重なって、穏やかに生活してくれていれば、わたし的にはOKです。

が・・・・、なんとなく劇的な変化を期待しちゃうのは、わたしもそうですし、読んでいるみなさんも?と思います。今書いている事はすべて事実なので、こういう小さな変化の積み重ねを楽しんだり、安定している事をOKと思う これでいいんだと思います。

結論

1ヶ月が経過して、小さな変化はいろいろと出ている。祖母が倒れた後のあのパニック的な認知症の症状は完全になくなったので、あと数か月は継続してみようと思う。

フェルガードについての詳細記事は、フェルガードという米ぬかサプリメントとコウノメソッドのはなし に書いてあります。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)