認知症の経過報告(2年と29週・30週間目) 新米の季節になりましたね?

新米

ある日のこと、地元のテレビ番組を見ていると、女性アナウンサーが視聴者にこんな悩みを打ち明けました。

アナウンサー
寒くて灯油ストーブをつけようと思って、灯油を出したんですね。その横にお米を置いておいたんです。そしたら、灯油のにおいがお米にうつってしまって・・どうしたらいいでしょう

番組冒頭だったので、その後視聴者よりご意見が集まりまして、

視聴者
お米は臭いを吸収しやすく、一度臭いがつくととれなくなります。残念ですが捨てましょう
視聴者
袋に入っていても、簡単に臭い移りします。迷わず捨ててください

へぇー、そういうもんなんだぁ~

そういえばお米の在庫がないなぁ・・ということで、買い物リストに 「お米」 を書いて、母に渡しました。

母のヘルパーさんへの不思議な気遣い

母は、ヘルパーさんに不思議な気遣いをします。それは、

「買い物リストに重い物があった場合は除外する」 

これ、よくやります。ヘルパーさんは車で買い物に行くのですが、以前のヘルパーさんが徒歩で買い物をしていたため、重い物はダメ!と思っているんです。優しい・・・

先日も、毎日コーヒーに砂糖2杯入れて飲まないとだめな母のために、買い物リストに 「グラニュー糖2袋」 と書いて外出。用を済ませ帰宅して、ヘルパーさん記載の伝票を見ると、グラニュー糖がない!どうせ米も買ってないよな・・・、え、あるっ!

重さの基準がよく分かりませんが、

わたし:ホワイトボードに買い物メモを書く → 母:紙に書き写す(重い物除外する) → 必ず8割の買い物になり、結局自分が買いに行く

ほとんど、このパターンです。今回、購入したお米は新米5㎏。珍しいこともあるもんだ・・そう思いながら、古い米を使い切るまで台所の脇に置いておきました。

そして、わたしが東京へ帰る日。

米びつの古い米が無くなったので、わたしが補充することに。これをやっておかないと、母は米をどこかにしまって、最終的にはお米がない!といって、また買ってきてもらうことになるからです。

で、スーパーの袋に入った米袋を「ヨイショっと」持ち上げると、何やら底に物体が。

「に、に、にょ、尿パッドぉーーーーー(使用済)」

台所の脇にスーパーの袋がある場合、母はゴミ袋と認識して捨ててしまうんですね。よりによって、新米に尿パッドって。(豚に真珠、猫に小判、新米に尿パッド・・・ことわざか?)

 

<新米に尿パッド>
なんでもすぐ吸収してしまうことから、覚えがいい飲み込みが早いという意味

しょうもなっ!冒頭の番組視聴者は言ってました、米に臭いがう・つ・るって!!

東京で2週間を過ごし、再び実家へ戻り、数日経って、自分のブログネタ帳 「お米ネタ」 の文字を見て、青ざめたんです。

「も、もう、食べてる・・・何食も」

わたしは補充はしなかったのですが、母が珍しくわたしが不在の間に補充してまして(笑)

新しいタイプの怪談でした・・・、今現在、わたしも母も元気です。新米の季節ですね?

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年より悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護中。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)