認知症の経過報告(5週間目)

認知症の母(69歳)が、コウノメソッドと出会ってどのような認知症の経過をたどるのか、ブログに残していきます。

認知症の母の状態と、現在行っている認知症治療

・アルツハイマー型認知症と診断されたのが、2013年4月上旬?
・症状自体はおそらく1年前、祖母が子宮頸がんで入院して家で1人になってから一気に悪化
・脳の委縮はほとんどなく、軽度の認知症と診断
・現在服用しているのは、フェルガード100Mのみ。1日2包服用
・この週はわたしは東京に滞在、母とは電話のみ

5週目に現れた効果

『どうやって規則正しく ”1人で” 米ぬかサプリメント フェルガード100Mを飲んでもらうか』

5週目はこれが課題でした。わたしが母といっしょの時は、朝食前に1包、夕食前に1包 を母に渡し、それを飲んでもらうようにしています。わたしがいない時は今までこんな方法で、1人で規則正しく飲んでもらうようにしていました。これが失敗に終わってしまったので、今回は、こんなチャレンジをしてみました。

1.わたしがいない1週間(2包×7日分=計14包)を、無造作に箱の中にがさっと入れる
2.以前はフェルガードの包みに日付を書いておいたが、今回は何も書かない

ガチガチじゃなくって、ゆるめに服薬管理してみよう!サプリメントだし、飲み過ぎても害のあるものでないし!ということで始めたんですが、結果は?

『なんか分からないけど、どっかのタイミングで早めに飲み終えてしまった』

これがどのタイミングでなくなったのかは、チェックしていないので不明です。3日で飲み終えてしまったのかもしれないし、6日目に飲み終えてしまったのか・・・さっぱり分かりません。捨ててはいないと思いますが、やはり1人で規則正しくフェルガードを服用するのは、ハードルが高かったようです。今日になって、台所の引き出しから3包見つかりました・・・

まだ認知症のお薬であるアリセプトはスタートしてないけど、これでやっぱりひとりでは管理できないな! というのが、今回の収穫です。アリセプトを飲み過ぎてしまっては困るので、服薬管理はヘルパーさんにやってもらう事に決めました。

でもまだ望みはあるかな?ってことで、6週目からは新兵器を投入することに決めました!これはまた今度お話するとして、認知症の症状自体はというと、ひとつ小さな変化がありました。それは・・・

今までは何時だろうとお構いなしに、『お父さんはいつ帰ってくるの?』 と22年前に出て行ったきり戻ってこない父が帰ってくる妄想話について、携帯に電話してきました。それが、

いま仕事中? お父さんはいつ帰ってくるの?

この変化は長く一緒にいないと分からない変化なのですが、『いま仕事中?』 という気遣いができています。前なら、10分に10回の留守電を入れて、用件が全部同じ、しかも何時だろうとお構いなしでした。

それが留守電は1件しか入ってないし、わたしが直接電話に出た時はこんな気遣いができています。ちなみに仕事を辞めた事は、余計な不安を増大させてしまうので、母には伝えてません。都内で仕事をしていると、母は思いこんでいます。

結論

1ヶ月が経過して、小さな変化はいろいろと出ている。祖母が倒れた後のあのパニック的な認知症の症状は完全になくなったので、あと数か月は継続してみようと思う。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年より悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護中。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)