遠距離介護から1か月離れることは「やさしさ」の充電期間でもある

1年に1回の1か月休みが終わり、来週から東京・岩手間の往復の日々が始まります。東京は湿度が高く、ジトッとしたイヤな天気なので、岩手のカラッとしたあの感じはありがたいです。

今回の充電期間の目標

  • 余計な心配をしない
  • 必要以上に連絡はとらない
  • きっちり割り切る

これを意識して、1か月過ごしてみました。独居で認知症の母ですが、数年かけて訪問介護、訪問看護、デイサービス、訪問リハビリと、試行錯誤しながら態勢づくりをしてきました。カタチになっているので、決してムリな目標ではありません。

また、看護師さんやヘルパーさんでも目の届かないところについては、妹にカバーしてもらいました。冷蔵庫の中の腐った野菜を捨てたり、日用品系(トイレットペーパー、ティッシュ、洗剤など)の在庫チェック、お金の管理などです。

充電期間の最初の頃は、監視カメラ「スマカメ」で母の様子を探っていましたが、徐々にみなくても大丈夫になりました。電話で様子を探ろうかとも思いましたが、何か緊急事態の場合は皆さんから電話が来るので、それもしませんでした。

わたしから電話をしなくても、母からは電話がかかってきます。

わたしがデイさぼったって、今、電話がかかってきたわよ!
なに?今、何の用で電話してきたの?

自称「昼寝をしない」母が、寝起き直後にだいたいこういう反応になります。夢と現実の区別がつかなくなって、作話をしてしまうのですが、慣れてくるとこれもまたいつもどおりの母。作話の内容も先月とそんなに差がないので、意味不明な電話でもホッとしました。

16時に電話が来ることもあれば、22時のときもありました。母はわたしが未だサラリーマン勤めをしていると信じている割には、業務時間中に平気で電話してきます(笑)サラリーマン時代のときのほうが業務時間内の電話の回数は多く、あの頃は都度ドキッとしました。

自分がもし、病気やケガで帰省できなくなっても、態勢はきちんとできているし、生活はできるというテスト期間でもあるので、一応合格です。一番心配なのは「料理」。レパートリーが今以上に減っている可能性もありますが、帰ったらチェックしようと思います。

「優しさ」の充電期間

日々同じことを何回も繰り返したり、作話と対峙する時間を過ごしていると、少しずつストレスというか自分の「やさしさ」の量が減っていきます。

しかし、こうやって1か月も距離を置くと、そういったストレスもリセットされます。そして、自分の「やさしさ」も充電され、何度同じことを言われても、意味不明な作話もきちんと対応できます。

くどひろ
あ、そうなんだ~、ふーん

「やさしさ」に量なんてあるのか?と思いますが、わたしの脳内イメージはスマホを充電するかのように、電気自動車に急速充電するかのように回復します。休息充電とも言えますけどね、特にうまくもなんともないですけど・・・

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)