1か月ぶりに会った母親の変化(認知症の症状と体調)

出版直後で、どうしても本の話が多くなってしまいます。1か月もしないうちに落ち着きますので、お付き合い頂けるとうれしいです。今日は、通常モードでいきます!

本の販促にかまけて、母親と接している時間がいつもより短い1週間でした。それでも、家の中(特に見えないところのチェック)の様子、母の会話の変化を探りました。

結論から言うと、

「1か月ぶりに母と話したけど、なんか調子がいい!」

まずは体調面。

週1回、訪問リハをお願いしている理学療法士さんも、立ち上がりの調子がいいとのこと。生まれたての子鹿のようにプルプル震えながら立ち上がり、時間もかかるのですが、今は数秒でスッと立ち上がります。

訪問リハにいつも立ち会うのですが、作業療法士さんや理学療法士さんって、職人ですよね。そのリハビリに何の意味があるのか、何を狙っているのかなど、興味津々にわたしが質問するから、うざいだろうな・・・

レベルのばらつきという意味でなく、皆さんリハビリの仕方が違います。それを見るのが楽しいので、今までほぼ100%立ち会ってまして、現在の方は3代目です。AI(人工知能)で職が奪われないランキングの上位が、このお仕事なんですよね。

理学療法士さんにお伝えしてますが、わたしはこのリハビリをものすごく重要視しているし、週1回のリハビリだけでは十分でないから、とにかく家の中を動かす努力は忘れません。

くどひろ
洗濯物乾いてるよ~、宅急便来たみたいだよ~、コーヒー飲みたいなぁ~

自分でやったほうが早くても、あえて役割を作って依頼して、ムダに家の中を歩いてもらいます。

次に認知症のほう。

妹に1か月家を任せたとはいえ、寝泊まりまではしません。母がひとりでいる時間が長くなるので、どうしても認知症の症状が悪化しがちなのですが、今回は調子がなぜかいいです。例えば、

くどひろ
冷蔵庫空だね、もやしにたまごに牛乳、ほうれん草が必要かな~
そうね、もやしにたまごに牛乳、ほうれん草ね
くどひろ
ちょ、ちょっと待って。もう1回、今と同じこと言える?
だから、もやしにたまごに牛乳、ほうれん草だって。それくらい分かるわよ

いやいやいや・・・分かんないでしょ、いつもは。相変わらず同じこと何度も言いますし、その話はなに?というようなことも言うのですが、なんで直前のコトバが分かったのか不思議です。この前も書きましたが、書店回りをして帰ってくれば、

あら、あんた今日、東京から帰ってくる日だったの?

朝ごはん一緒に食べたのに、毎日これです。そこは驚きもなくいつものことなので、しれっとできるのですが、直前の記憶を覚えているとは・・・なにがあったのか?

わたしの部屋に入って、部屋の整理をすることは、ここ数年なかったのですが、外出して戻ってくるとたまにキレイになってました。そこには自著と販促物が並んでいて、やばい!と思ったのですが、気づかないようでホッとしてます。

好調な原因として、考えられるのは、

  • やっぱり、プレタールはいいのかな
  • グルタチオン点滴で、さらに元気になったのかな
  • 中鎖脂肪酸が効いてきたのかな(詳しくはわたしの新刊で)

たまたま調子がいいということはよくあるので、それかもしれません。デイに行きたくない!という電話を、時間に関係なく東京に電話してくるのですが、そういえば今回はなかったような・・・

ケアマネさんから見た母の話

前回、ケアマネさんと会った時に、こんなこと言ってました。

ケアマネ
年々、いい感じになってますよね、お母さま。あまりそういう方、お会いしたことないんですよ
くどひろ
そうなんですよ、もちろん日々いろんなことはありますけど、思ったほど悪くはなってないですよ

わたしは母の専門家として、いろいろ試して来ました。サポートしてくださる皆さまのレベルも高いので、結果はついてきて欲しいのですが、一番長く見ているケアマネが言うんですから、きっといいんでしょうね。

ちょっと手を出し過ぎて、お薬や健康食品系を整理しようかなと思っていたのですが、良くなっているのに中止するわけにはいかず、あと数ヶ月は現状維持でいきます。フェルガード、プレタール、中鎖脂肪酸、これが軸になっています。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年より悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護中。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)