認知症の家族の「喪主」になる時の6つの注意点とは?

認知症の祖母(没90歳)の喪主をやりました。

本当ならば長女である母(70歳)が、喪主を務めるべきですが、母も認知症・・・。23年前に家を出て行った父も喪主はお願いできず、孫で成年後見人であるわたしが喪主となりました。

葬儀などの準備をしないまま、亡くなってしまったので喪主は大慌てでした。こういう準備をしておけば良かったと思う、6つの注意点をまとめました。

1.親族・交友関係を調べておく

「認知症」 なので、どういう親族や友達がいるのか? を覚えていません。母も認知症なのですが、昔の記憶は鮮明なので、母に聞いて対応しました。が・・・、ガセ情報も結構多く、遺品の手帳を参考にしました。

2.葬儀屋をあらかじめ決めておく

祖母が亡くなって、すぐに病院の方に言われた一言が、「葬儀屋さんはどちらですか?」 でした。正直、「えっ?」って思いましたが、遺体はすぐに引き取らないといけないんですね。わたしの場合は、知り合いが葬儀社だったので、あらかじめ準備をしておきました。なので、パニックにならずに済みました。

また事前に、葬儀費用の相見積もとりました。最近は、事前に葬儀の相談をする人が多くなっているそうです。わたしが行った先は、基本料金プラスオプションというところだったんですが、最終的に基本料金をはるかに上回るオプション料金で・・・・

「ご遺体を保存するドライアイスは標準の量ですと、足りません」 とか、「お花ですが標準ですと、かなり寂しいものになります」 とかとか。会員価格と一般価格でまるで違ったりとか、結構びっくりしますよ。一度試しに行ってみる事を、お薦めします。

3.葬儀の種類を決めておく

本人の意思を確認できる状態にあるならば、家族葬、密葬、直葬 どういった形式にしたいか?聞いておいた方がいいです。うちの場合は祖母は確認できる状態ではなかったので、長女である母が家族葬を希望したので、家族葬にしました。

4.葬式に誰を呼ぶか決めておく

3.を決めておくと、どこまでお声かけをするかが決まります。 「葬儀に誰を呼ぶか?」 を考えるのは、かなり大変です。1.も分からない、3.の意思もない状態で、喪主をやることになったら本当に大変です。

5.喪主は誰がやるか決めておく

最悪なのは、喪主の押し付け合い が始まることです。わたしは母を喪主にして、陰でわたしがいろいろ仕事をする と思っていたんですが、葬儀社との打ち合わせをいざ始めてみると、そこは認知症。何にもできないんですよね、うまく歩けないし。結局、周りにいた親族が、「実質あんたが喪主なんだから、そのままやれば?」 ということで、決まりました。

6.葬儀の費用は、誰が出すか決めておく

上記まで決めておくと、だいたい葬儀費用はざっくり分かります。わたしの場合は成年後見人だったので、祖母の口座から・・・と思い、家庭裁判所に電話で問い合わせたところ、

「喪主さんが立て替えておいてください」

少し期待したんですが、やっぱりだめでした・・・これだけ準備しておいても、実際に葬儀を行うのに決めなきゃいけない事はいっぱいあります。引物はどれにするか、法事の料理はどれにするか、お通夜の飲食の準備、受付係を誰にするか、参列の順番などなど大変です。

「生きているのに、葬儀の準備をするなんて縁起でもない!」 そう思われるかもしれません。でも経験してみて、「絶対に葬儀の準備はしたほうがいい」 という事が分かりました。ましてや 「認知症」 の方が相手であれば、普通に準備できるはずの事ができないんです。そして認知症の方は、普通の方の3倍から4倍の早さで老化が進みます。いつ急に死が訪れるか、分かりません。

わたしがこれらを準備するきっかけになったのは、余命宣告です。お医者さんが半年とか1年とか言いますが、結局は余命宣告期間=葬儀の準備期間でもあります。流通ジャーナリストで41歳の若さで亡くなられた金子哲雄さんは、ご自分で葬儀の段取りをされました。

改めて、「僕の死に方」 という本を読み直します。葬儀が終わったばかりの今読んだら、この本のありがたみは10倍くらいに思えるんだろうなぁ~

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)