四十九日までの事を 「流行語大賞」 を意識して書いたら、おかしな事になった

1.四十九日が終わった後の 「香典返し」 の手配

「香典返し」って、頂いた香典の半分をお返しするとか、3分の1とか・・・いろいろあります。

認知症の母は残念ながら管理ができないので、わたしがやっているのですが、事情を知っている ?”23年前に出て行った、別居中の父”? から、葬儀に引き続き、うれしい留守電が寄せられました(苦笑)

父: 「うちの兄弟にちゃんと 「香典返し」 しろよ、3分の1以上返せばいいから。以上」

改めて解説しますと、父はお通夜~葬儀まで全欠席です。香典も1円も出してません。お通夜前の準備だけ来て、葬儀に口出しだけして帰りました。
(詳しくはこちら →?【愚痴】家を出て行って23年の父が、突然お通夜会場に現れた!?)

以前、こんな事を言ってたのも、思い出しました。

父: 「おれが言ったから、あと前におれが香典出しているから、香典もらえたんだぞ!」

改めて文章にして見直すと、ひどい・・・・この文章をなんとかマイルドにしないと、読む人に失礼だな・・・そう考えていたところ、「流行語大賞」 のニュースが。流行語をはさんで、マイルドにしてみよう!ということで、まずはおなじみの、

「倍返しだ!」  

香典を返す、返さないのお話だから、「倍返し」 いけるかなぁ・・と思ったら、香典を 「倍返し」 したら、大赤字・・・うまくはさめてない。父から電話がいずれ来るだろうから、そしたらキレ気味に言ってやることにしよう!

「倍返しだ!」

父は半沢直樹見てないから、きっと

父: 「香典倍返しなんかする人なんていないんだぞ、逆に相手に気を遣わせるだろ!」

と普通に返してくるでしょう・・・文章も妄想もひどいな、自分。マイルドどころか、路頭に迷ってる・・・・

こちらのご兄弟にはいっぱい返しておかないと、あとあと面倒な事になるので、カタログギフトの高いやつを手配しました。中には「8割返しだ!」 って人もいます。面倒ですね、出席者のお返しの金額を考えるのって。

四十九日までの準備と並行して、相続もやってます。

2.認知症の母、印鑑もなくす

銀行の相続、不動産の相続もそうなんですけど、印鑑登録してある印鑑や印鑑証明がいるんです。相続には大量の書類が要ります、小木曽に盗まれないかな・・・

以前、亡くなった祖母の通帳を捨てるという暴挙をやった、認知症の母(70歳)。期待してなかったけど、印鑑登録した印鑑あるか聞いたら、即答で

「ないっ!」

やっぱりか・・・・

委任状を母に書いてもらって、印鑑登録に行くも、当日は発行してくれないんですね・・・

「いつ頃、必要ですか?」 と役所の方がいうので、

「今でしょ!」
(実際は「東京から来ているんで、今日です」と。)

仕組み上、最短でも2-3日後だそうです・・・「じぇじぇっ!」

雑に流行語を扱ってしまいました・・・・能年ちゃんに怒られます。個人的には安田大サーカスの団長の、大和田常務のモノマネがツボです。

注)最初愚痴をストレートに書いたら、自分で読んでも不快だったので、流行語大賞の言葉を無理にはさんだら、もっと不快になりました。「お・も・て・な・し」は、さらに不快になるので、やめます。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
2017/12/06発売の自著 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか