【終活・祖母の死で分かった】認知症の人に「エンディングノート」が絶対必要な理由とは?

エンディングノート もしもの時に役立つノート

認知症の祖母(90歳)が亡くなった時に、”最も” 後悔したことが、

「判断ができる時代に、本人の意思を確認しておけばよかった」

ということです。本人の意思というのは、

1.介護の方針
2.告知・延命治療の方針
3.葬儀の方針

です。他にも友人や親族との関係、銀行の口座、保険のありか なども、認知症が進行すると、何もかも分からなくなってしまいます。この事は、認知症の終末期を考えるフォーラム2013でも、認知症ケアの倫理問題として取り上げられました。その時の話は、とても耳が痛くなるものでした。「エンディングノート」と密接に関係するのですが・・・

なぜ認知症の人に、「エンディングノート」 が必要か?

理由はとてもシンプルです。

「家族が認知症の人の代理判断をする時、自分の都合で判断してしまう」

からです。具体的にいうと、

・歳だから、認知症の検査や治療は無駄だと思う。医療費も大変だし・・・
・入院したら誰か病院についていなくてはならないし、わたしは仕事がある・・・

というように、認知症患者の立場に立ってない判断をしてしまうんです。だから事前指示といって、認知症になる前に、または認知症でも軽度なうちに、本人の意思を十分に汲み取って、自分都合で判断しないようにしないといけないんです。

「エンディングノート」は、認知症患者の意思をくみ取るための手助けツールと言えます。祖母は亡くなってしまいましたが、認知症の母(70歳)が居ます。幸いにして、「軽度の認知症」なので、今ならば判断ができるレベルです。これが終活です。

祖母で後悔したことを、母でも後悔したくない!という思いと、亡くなってまだ1ヶ月しか経過してないから、忘れないうちにすぐ!という思いから、「エンディングノート」を購入しました。

どの「エンディングノート」 を買えばいい?

「エンディングノート」に書いている事は、銀行口座のありか、保険や証券など、誰でもまとめる事ができます。最初はネット上の「エンディングノート」PDFをダウンロードして、0円で作ってしまおう!と思ったんですが、A4の紙に書いてもらうよりかは、認知症の母もノートに書く事で、記憶に残るだろう ということで買っちゃいました!

「エンディングノート」はたくさんありますが、Amazonの評価が高かったことや、考える葬儀屋さんのブログ記事、「エンディングノートの正しい選び方」 などで薦めていた、「エンディングノート」の火付け役であり、実績もある KOKUYOの「もしもの時に役立つノート」 を購入しました。同時に購入したのが同じくKOKUYOの「遺言書キット」(遺言書虎の巻ブックつき)です。(下記画像)

もしもの時に

「もしもの時に役立つノート」には、ディスクケースもついています。遺影用の写真、認知症で徘徊した時の捜索用、音楽葬にする場合はそのCD、写真のデータをCD-Rにいれたものなどをこれに保管しておきます。かゆいところに手が届く仕様ですね~(下記画像)

ディスクケース

「エンディングノート」を買ってみて分かった事

祖母が亡くなって、まだ1ヶ月しか経過していません。そういう状態で、このKOKUYOの「エンディングノート」を読んでみると、なるほど!確かにこの「エンディングノート」に書いてある事が、事前に分かっていたら、葬儀でこんなに苦労しなかったし、延命措置で悩まずに済んだ というのが、最初の感想です。

故人の意思も分からないままに、病院との延命治療の相談、葬儀の準備をするのは本当に大変でした。これを準備しておけば、もしもの時に何も困りません。うちの場合は祖母が判断できないので、結局娘2人に私が聞いて、それをお医者さんや葬儀屋に伝えるということをしましたが、正直疲れました。悲しんでいる暇がないくらい、葬儀の準備は大変です。

また自分自身だって、いつ突然亡くなるか分かりません。なので、自分の「エンディングノート」も作っておくことにしました、40代ですが決して早くないと思っています。

「遺言書キット」も今読んでいる最中なので、後日レビューします。

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
2017/12/06発売の自著 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか