「認知症の介護している方、エンディングノート書いてますか?」 うちは3回目の更新です!

エンディングノート

昨日は、亡くなった祖母の3回忌。

命日は11月4日なのですが、毎年この時期が来るとやることがあります、それは 「エンディングノートの更新」 です!

今年で3回目の記入となりまして、

・告知・延命処置について
・介護について
・葬儀について
・お墓について

この4点を、毎年アップデートしています。

エンディングノート

ケチって、オリジナルをコピーしてそちらに記入してます(笑)上の写真が、3年分書いた証拠です。

みなさん、エンディングノート書いてますか?

わたしの予想は、書いてない人9割くらいじゃないかと。10/28発売の自著にも書きましたが、エンディングノートはホント書いておいた方がいい!断言します。

祖母の介護は亡くなる前1年だけでしたが、介護初年度のわたしに襲い掛かったのは、子宮頸がん余命半年という事実、告知の判断、延命するかどうかの判断、そして人生初の喪主・・・

認知症テストで30点中5点しか取れない認知症の祖母はどれも判断できません、そしてこれを代理判断してほしい母も認知症・・・さすがに困りました。

あの経験をしてからというもの、エンディングノートは1年に1回だけブログで力説してます!特に認知症軽度で、まだ自分で判断が可能な方は、絶対聞いておくべきです。聞いておくと、介護者は本当にラクですよ、あとで。

もしもの時に役立つノート

延命措置なんて、聞きづらい・・・分かります!でももし1か月後に、余命半年のガンが見つかったらどうします?告知するかどうか、相当悩むと思いますよ。でも、本人から前もって聞いておけば、その通りに実行するだけでいいんです。

人工呼吸器はどうしますか?気管切開しますか?心臓マッサージは・・・90歳の祖母の場合、心臓マッサージすると骨が折れるって言われました。えっ・・それしか言葉がでませんでした。

突然亡くなって、喪主を任された・・・主介護者である皆さんはおそらく、喪主もやることに・・・誰呼びますか?どんなスタイルの葬儀にしますか?お金は誰が負担しますか?棺になに入れますか?お墓はどうしますか?

親族がなんか言ってきますよ・・・葬儀に呼ばれてない、呼ぶ順番がおかしい!もし故人の遺志が分かっていて、それを親族に伝えられた、何にも文句言いません。ラクですよ~

意志を確認しておかないと、代理で判断することになるのですが、あとで後悔しますよ・・・この判断でよかったのかって。やばっ、書いてたら当時を思い出してきた・・・これらすべてわたしの体験談です。

割と今余裕があるのは、こういうヘビーなやつを1年目で経験したからです。例えるなら、アルコール度数98度のウォッカで乾杯して、そのまま一気飲みしたあと、今は生ビールをちびちびやってる・・・そんな感じです。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)