高齢者を見守るカメラ「スマカメCS-QR22・ CS-QR300」は双方向で音声、屋外OK!

スマカメ

ブログや本で推し、さらにリアルの場でお会いした方には、画像をお見せしている「スマカメ」。わたしのスマホを見ては、「こんなにキレイに映るの~」と驚かれます。その後、購入される介護者も、いらっしゃいます。

盛岡の母の様子を、都内の電車の中や家などでスマホ画面越しにチェックできる優れものです。デイサービスの準備はできているかな~、ちゃんと布団で寝てるかな~、ごはんは食べてるかな~、1日数回チェックするのが日課です。昼寝時間が長いときは、昼夜逆転してしまう可能性があるので、ワン切りで起こしたりもします。

記事タイトル下の写真は、うちの居間にある神棚です。高い位置に設置して、居間全体を映しだして母をチェックしています。

久々に製造元のPLANEX社のサイトを見ると、さらに便利になった新しい「スマカメ」が発売されていたり、新機能が追加されています。この記事を読むと、新しいタイプに切り替えたくなるかも・・・

「音声のやりとりができる」スマカメ話せるナイトビジョンCS-QR22

2016年8月26日新発売、スマカメ話せるナイトビジョン CS-QR22。カメラ本体にマイクとスピーカーが内臓されたタイプが、登場しました!このブログへの質問で多かった声が「双方向で話したい!」ということでした。

CS-QR22
(©Planex)

Planex社のホームページ画像を引用しました。このようにカメラに向かって話をし、一方でスマホに向かって会話をします。画像は倉庫を想定してますが、家でももちろんOK。またナイトビジョンという名前のとおり、暗闇でも移ります。例えば、真っ暗な寝室できちんと寝ているかを、電気をつけなくても確認できます。

カメラの値段は日々変動しますが、価格.comでなんと1万円以下!安いし、使いやすいし、設置も簡単で、ひょっとしたらこちらに乗り換える方も多いかもしれません。うちは、まだ乗り換えません。

ちなみに、インターネット環境は別途必要になります。通信費は月々別に発生しますが、カメラ自体は本当に格安です。かなり鮮明に映りますよ!

雨でも大丈夫!スマカメアウトドア CS-QR300

文字通り、外に設置できるタイプのスマカメです。防雨型なので、玄関先に設置できます。このアウトドアは、価格.comでも25,000円以上します。少しお値段が高いのですが、屋内でも利用できます。

利用した方なら分かると思いますが、夜間の撮影は白黒になります。ところが、このスマカメは夜間でもカラーで見えるムーンライトカメラがついています。寝室の様子をカラーで見たいかたは、こちらです。

スマカメoutdoor
(©Planex)

スピーカーを別途つけることで、こちらも音声のやりとりができます。PLANEX社のサイトをみると、赤ちゃんの枕元にスマカメを設置し、ママが台所で料理するシーンを想定しています。寝室で「オギャー」という赤ちゃんに、台所から「今行くよ」とママが声をかける・・・いいですね。

外に設置できるということで、やはり徘徊対策や高齢者を狙った訪問販売に威力を発揮するタイプです。

動体検知機能がさらに使いやすく!スマートプレイバック機能

こちらは3000円(税込)アプリダウンロードの有料サービスになりますが、2016年7月7日に「スマートプレイバック」機能が使えるようになりました。

今までも動体検知(映っているものに動きがあったら、自動録画される機能)はあったのですが、データが多く探すのに苦労していました。この機能を使うと、何日の何時に誰かが来たという情報をグラフィカルに検索できます。

例えば、スマカメアウトドアを玄関に設置しておけば、訪問者を録画したデータを遠隔地で確認ができます。スマホに通知が可能なので、独居の老人宅に誰が来たかをすぐ確認できます。寝室に設置しておけば、夜中に起きて動き回ると通知してくれます。

動体検知の感度は、4段階。通常の動きには反応させず、大きく動いたときのみ通知を行うなどの調整もできます。

いかがでしたか?よりパワーアップして使いやすくなった「スマカメ」。遠距離介護で大活躍していますが、同居介護でも2階と1階で利用するのもいいです。介護だけでなく、ペットの監視、赤ちゃんの監視にも使えます。

介護見守りカメラ「スマカメナイトビジョンCS-QR20」は安くて設置5分で超カンタン!

2015.05.29

TBSテレビ「マツコの知らない世界『防犯カメラの世界』」で紹介された商品はこれ!

マツコの知らない世界で、QR22とQR10が紹介されました。アイ・オー・データの暗視機能付き、気温・湿度も確認できて、マツコさんが驚いた映像の綺麗さのカメラを追加でご紹介します。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 

スマカメ
■わたしの1作目:認知症専門医・名古屋フォレストクリニック河野和彦先生推薦

8 件のコメント

  • 同じ様な発想でwebカメラを双方の家に置いて母の方からもiPadで私の家が見える様にしています。
    最大の問題は接続が安定しないことです。
    しょっちゅう映らなくなります。
    また音声が聞こえる機能があるはずなのに蚊の泣く様な微かな音しか聞こえません。
    こちらの商品がどの程度安定して使えるのか知りたいところです。

  • 猫屋万年堂さま

    うちは音声のないQR20を使っていますが、かなり満足しています。(わたしが使い始めた頃は、音声双方向が発売されてない)カメラの性能というよりかは、通信回線が影響していると思われます。うちはwimax2+を使っていて、ルーターの設置位置さえ間違わなければ合格点です。QR22のAmazonレビューがすごい数載ってますので、そちらで調べてみるとよりいいかと思います。

  • ご回答ありがとうございます。調べて検討してみます。
    今無駄に感じているのは私の家と母の家のネットワーク環境にかかる費用です。
    現在はモバイルWi-Fiを母の家に置いているのですが、あまりの低速に光回線を引くことにしました。
    双方の家に光回線、二人の携帯料金。
    少しでも安くと思うのですがお得な料金パックも遠隔介護向きではないです。
    もし何か良いプランがありましたらお教えいただけると嬉しいのですが?

  • 猫屋万年堂さま

    確かにWで光回線だと、毎月の通信費がかかりますね。うちは住んでいる環境のおかげで、割と東京は通信費が安く済んでいます。母の携帯もオプションは全部なしにして、最安プランにしています。wimax2+を選択したのも、通信費が安くなるからです。わたしのプランは他では通用しないものなのでご紹介できませんが、少しでも安くという意識は持っています。

  • お返事ありがとうございます。今回光回線にしました。
    携帯や固定電話のサービスを駆使して少しでも安くなる様頑張ったのですがやはり勿体無い感はぬぐえません。
    この様なシステムが一般的になれば適したお得なプランが出来るんでしょうね。それを待っています。
    ちなみに私はCS-WMV04Nを使っています。そろそろ買い替えどきなのでこちらの製品も検討しています。

  • くどひろ様 こんにちは

    当方のブログにて、ものを隠す症状の記事を書いていたところ、こちらの記事を思い出しました。

    記事にこの記事のリンクを貼らせていただきました。

    宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)