遠距離介護でおなじみ太田差惠子さんの最新刊「親の介護で自滅しない選択」

親の介護で自滅しない選択

遠距離介護の第一人者と言えば、NPO法人パオッコ理事長の太田差惠子さんですが、日本経済新聞出版社より最新刊が出たので読んでみました。

太田さんの定番とは少し違うかも?

太田さんの書かれる本は、介護に困ったときに辞典のようにして使えるものが多いです。ただ、この本に関しては少し視点が違っています。例えば「介護で仕事を休む場合、職場に理由を伝える?」というケースを、2つの見方で紹介しています。

自滅する人 → 「別の理由」と偽って休む
自分の人生を大事にできる人 → 親の状況を話して休む
引用元:親の介護で自滅しない選択(日本経済新聞出版社)

割と偽る人多いです。わたしも1回目の介護離職のときは、完全に偽りました。どんな制度があったとしても、結局は会社や職場の風土に依存します。

このような実用的な情報が62個あって、見開き2ページで分かりやすく解説されています。「介護ってこう!」とガチガチの頭で考えている人には、そういう考えもあるのか!ってなると思います。

わたしが知らなかったものとして、災害時等要援護者名簿の登録があるとのこと。災害が起きたとき、うちの母は間違いなくひとりで移動することができません。そういう人は役所に申告することで避難時にサポートを受けられるとのことです。で登録しようと調べたら、だいぶ前に民生委員さんが来て登録したっぽい・・・

この本の新しいチャレンジ

著者の太田さんに伺ったところ、この本は若い層にも読んで欲しい本とのこと。具体的には、これから介護が始まるであろうアラフォー世代の介護予備軍も意識して書かれた本だそうです。このブログのタイトル「40歳からの遠距離介護」ともマッチしているのですが、ブログは予備軍にあまり読まれてないかもしれません。

介護の初動というのは、知識が全くないし、地域包括支援センターやケアマネの言いなりになることが多いです。その方たちが本当に頼りになればいいのですが、「思い込み」による誘導が行われることもあります。そんなとき、この本を介護初心者が読むと「ん、待てよ?」「そういう手があったか!」と選択肢が増えると思います。

あまり介護の本に書いてないような問いもいくつかあります、例えばこんな感じです。

  • 幼少期虐待されたトラウマ親が頼ってきたら?
  • 施設入居後に退去となる場合があることを想定しているか?
  • 真逆の価値観であっても、親の話にひたすら耳を傾ける?

たぶん、こういう視点で書かれている介護本は少ないです。介護=犠牲と考えるのではなく、自分の人生を大事にしたいと考えている人が読むべき本だと思います。

しかし、次々と新刊を上梓(=出版)できる太田さんはすごいです。わたしも今やっている連載が終わったら、オファーがなくともとりあえず何かを書き始めてみようかと思っています。

「本をいつか出してみたいなぁ」と思っている方、まず書いてみることをオススメします。わたしもそうでしたが、とりあえずよく分からなくとも書いてみると、道が開けることがあります。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)