遠距離介護を1か月放棄します!

8月は遠距離介護を放棄して、ずっと東京にいることになりました!

介護疲れでいやになったから・・・・ではなく、妹が長期休暇を取るということで、1か月だけ介護交代です。

2012年11月に祖母が倒れてから、隔週で遠距離通勤?しています。たまに2週間空けることもありますが、1か月という長期は今回が初。祖母が亡くなりましたし、在宅介護体制はこの1年8か月で盤石なものになっているので、そんなに心配していません。

ヘルパーさんは週2回来ますし、訪問看護師さん、訪問作業療法士さんも来てくれます。何かあった時は電話をもらえるようになっています。本当にありがたいです。とはいえ、今週は長期不在のための 「準備」 をいろいろしています。例えば、

・トイレットペーパーとティッシュペーパーは、ヘルパーさんも見落とす事が多いので、買いだめしておく
・生活上の注意点を列挙して、妹に渡す
・捨てられるゴミはできるだけ捨てておく

細かい話すぎて、誰の得にもならない情報です(笑) あとは今週いらっしゃるヘルパーさん、作業療法士さんへのご挨拶です。

「長期不在になりますが、よろしくお願いします。といっても、いつも通りでいいんですけどね」

宜しくと言われても・・・というのがヘルパーさんの正直な気持ちだと思いますが、買い物の仕方もいつもとは違うという意味でご挨拶しています。ヘルパーさんにお願いすると、多少ですが冷蔵庫の在庫の偏りが生じます。

・なんか知らないけど、1人暮らしなのにパンが3斤ある(母がいろんなところに置くため)
・どこからもらったか、白菜がまるまる1個ある
・賞味期限切れの厚揚げがある

わたしがいる時は、これらの在庫の偏りを修正するような献立を考えて、母に作らせます。1週間も居ると、冷蔵庫の在庫は適正化されます。でも今回は1か月。9月帰省時の冷蔵庫を開けるのが正直怖いですが、妹には怪しい残り物や腐りかけの野菜は捨てるようにお願いしてます。

ひとりでがんばらない というブログサブタイトルを、ガチ実践する時が来ました!

熱は出すし、指は切るしで最近ちょっとしたイベントが多い母ですが、1か月遠距離介護を放棄したらどうなるか実験ですね。お茶でも飲みながら、都内で1か月を過ごしたいと思います!

PAK86_kuchimotowokakusudansei20140713500 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 
■わたしの1作目:認知症専門医・名古屋フォレストクリニック河野和彦先生推薦

2 件のコメント

  • 初めまして。
    一人娘の私は東京で暮らしています。山形に暮らす母は父が亡くなってから一人暮らしで8年間頑張っていましたが、昨年7月にグループホームに入居しました。

    歳をとるにしたがい、転んで怪我(圧迫骨折)で入院したり、脳梗塞で入院したり(デイサービスの職員さんが早期に気が付いてくれたおかげで後遺症などはありませんでした)、気分が悪くなり緊急通報のお世話になったり、ハラハラドキドキの毎日をおくっていました。
    その頃は電話がなるのがスゴく嫌でした。(笑)

    東京で暮らすのは嫌だ、まだ一人で大丈夫という母を半ば強引に施設見学に連れ出し、ケアマネージャーさんにも説得してもらい、入所に至りましたが、山形で一緒に暮らしてあげられたらそれが一番良いのかも……という、自責の念は今でもあります。

    1年たって、施設と働く職員さん達にも慣れてそれなりに安心して暮らしてくれていると思います。
    私は月に1回3日間くらいのペースで会いに来て、母と実家で過ごしています。

    くどひろさんのブログを読んで、しれっとしれっとの言葉に励まされ、和ませていただいております。
    ありがとうございます。これからも応援しておりま~す♡(´˘`๑)

  • 嶋田さま

    コメントありがとうございます!

    月1回会うことは、すばらしいと思います。ついつい半年、1年と会えないでいる人はいっぱいいるので、できそうでなかなかできないことだとわたしは思います。

    しれっとが意外とお役に立っていることが多くてわたしも驚いているのですが、和んで頂けてうれしいです。今後ともよろしくお願いします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)