「介護が少しでも気になる人」がお盆に実家に帰ったらやるべき3つのこと

そろそろお盆ですね!

久々に実家に帰ると、両親がえらく年老いていてびっくりした経験ありませんか?背が縮んでいたり、白髪が増えていたり・・・そんな両親の姿を見て、「介護」 という言葉が頭をよぎるのが 「お盆」 です。

頭をよぎったところで、「介護準備」をする人は皆無。わたしは準備をしていた方でしたが、それでも突然の介護は大慌てしました。お盆というチャンスを逃すと、次はお正月や下手すると来年のお盆まで両親に会わないという事もあります。そこで、3つほどお盆に試してほしいことがあります。

両親にいきなり年齢を聞いてみる

これは認知症のテストです。「三宅式簡易認知症判定テスト」といいまして、病院に連れて行くことなく認知症を5秒でテストできます。間違えても、生年月日は聞いてはいけません。

生年月日は認知症がある程度進行しても、答える事が可能です。認知症は20年以上前から進行します。MCI(軽度認知障害)という、認知症一歩手前で発見できれば認知症への進行を止めることができますが、認知症まで進行してしまったら根治はしません。

病院に連れて行く必要もないですし、さりげなく年齢を両親に質問してみてください。

オレンジギフトをプレゼントしてみる

お盆におみやげを持って帰省する人は多いはず。毎回、東京ばなな や ひよこ では両親もあきますよね?そこで提案するのが?「オレンジギフト」。メッセージカードと一緒に、健康もプレゼントします。

あたまの健康チェックカード(3,500円税抜)という商品がオレンジギフトのひとつであります。これはカードに書かれた番号(フリーダイヤル)に電話をすると、認知症一歩手間であるMCI(軽度認知障害)の状態を97%の正確性で判別してくれます。

お菓子もいいけど、たまには両親への感謝の気持ちを込めて、健康をプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

押入れや小屋、冷蔵庫の中など、見えないところをチェックする

これはわたしの体験談であり、NHKプロフェッショナルで紹介された介護福祉士の和田行男さんも言っていたことです。久々に帰った実家の様子は特に変化ないなぁ~ と思って、たまたま小屋を開けたらゴミがうず高く積まれていました。洋服ダンスには、あるはずのないリンゴがありました。

認知症はその時点で確定していましたが、決定的な証拠が目に見えないところに隠れていました。ひとり暮らしの親、遠距離に両親がいる方は特に、目に見えないところをチェックしてみてください。予想もしない変化が起きていることがあります。

いかがでしたか?次両親に会うのは3年後 という方もいると思いますが、実は認知症が進行している可能性もあります。もし早期発見できたら、あなたの介護負担は劇的にラクになります。

実家に帰ってお墓参りするだけでなく、両親の健康状態もぜひチェックしてくださいね!

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)