あえて言いたい!遠距離介護のメリットとは?

今日は遠距離介護であることの、”メリット” について、お話します。デメリットこそあっても、メリットなんてあるの?って言いたくなりますよね?でもあります!遠距離でよかったぁ~って、ホント思う事があるのです。

1.介護疲れから解放される
わたしの場合は、認知症の母との会話が長くなればなるほど、正直ストレスがたまっていきます。同じことを何度も言うのを、毎回初めてのように聞くのはかなりストレスです。でもストレスを母にぶつける事はできないので、これを東京に持って帰ってきます。文字通り距離を置くことで、次にまた実家に戻った時にはリフレッシュされます。

頻繁に帰る事は交通費に跳ね返ってきます。いられる期間中に時間を有効活用して、介護にあたる。それが終わったら、東京でまた仕事をしたり、自分の時間を作る。この繰り返しは、遠距離でないとできないです。

2.移動を楽しむ
新幹線での移動は、何かをじっくり取り組むためのステキな時間です。2時間や3時間という移動を、読書に充てたり、音楽を聴いたり。寝てもいいんですが、この時間を有効活用して、楽しんでます!でも、深夜バスだけは楽しめないので、止めました・・・

3.仕事のストレスから解放される
介護のストレスというのはもちろんありますが、仕事のストレスも正直たまります。これを遠距離介護をすることで、忘れてしまえ!という方法です。どちらもネガティブな事ですが、頭を切り替えることで一旦仕事のストレスは忘れることができます。

4.たくさんの出会いがある
遠距離介護をしてみて、全く違う人脈が形成されたなって思います。ケアマネージャーやヘルパーさん、病院関係者の方、そして同じ環境下で頑張っている方です。医療・介護関係で働いている人って、いろんな人がいますが、わたしは尊敬しています。

5.人に頼らざるを得ない、それが最大のメリット
遠距離介護はどうしても、誰かの手を借りなくてはいけません。ケアマネージャー、ヘルパー、民生委員、親族、ご近所さん とにかくひとりで何往復もしていたら、自分がつぶれてしまいます。結局、誰かの手を借りる これが最大のメリットです。距離が、移動する時間が、誰かに頼るしかない状況を作り出します。

介護される側はあなたが一生懸命介護をして、つぶれる事を望んでいるでしょうか?絶対そんなことはないです、素直に人に甘える介護って、とても重要です。わたし自身は、遠距離介護歴はわずか5か月ですが、それでも始めからそういうスタンスで臨んでます。そしてこれからもです!

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)