ヤングケアラー若者介護の実態「23歳から14年間介護を続けた体験」を読んでみた!

若者介護

みなさんが23歳の頃、何をしていましたか?

くどひろ
新入社員1年目だったなぁ・・
Aさん
彼氏ができた歳だわ・・・
23歳の武田卓也さん
介護が突然はじまりました

武田さんの14年間の介護

23歳といえば、大学を卒業して社会人1年目という方、甘酸っぱい恋愛をしていた方、中には結婚して子どもができた方もいるでしょう。このような時期に、介護された方を知っていますか?

武田卓也さんは23歳の時に、50歳のお母さまがくも膜下出血で倒れ、突然介護がスタートします。お父さまは高校生の時に亡くなっており、以来14年間お母さまの介護を経験され、看取られました。

23歳からの14年間が人生においてどういう時期かは、ブログ読者のみなさんもお分かりかと思います。その介護経験から、京都の西院に一般社団法人いばしょ」という、若者介護を考える拠点を作られました。

週刊誌AERAにも介護離職を3回もした人として、取り上げられました。その武田さんの本を若者介護.netのメーリングリストで知り、発売前に入手して読みました。

武田さんの言葉

私は皆より少しだけ、早く介護を担わなければならなくなっただけ

”少し” なんてもんじゃないんですけど!23歳なんて早すぎなのに、こんな事言えるなんて・・・現在42歳のわたしですが、周りよりも介護スタート早すぎるわ!って思ってますから。

二十代で介護者になると、医療、福祉、介護の関係者やその他周囲の人たちは若いから介護することが難しいと思ってくれていたように思いましたが、三十代になると社会が私を介護者として十分な力量を備え、介護を担うに足る人物であると承認していると感じました。

二十代で介護者になると、周りはまだ青二才扱いなんですね。見た目に若い =未熟 と判断する人が多いんですね。実際はというと、見た目に若くない人 = 未熟 ってことだらけです(笑)

誰もが最初は介護初心者ですから、年齢に関係なく。三十代にして達観されたのは、二十代相当苦労されたからに他なりません。ヤングケアラーと呼ばれる若い介護者のお話を聞くたびに、

「自分はまだいい方だ」

って思います。周りの友人は介護なんてしてないから話せない、仕事に就けない、恋愛できない、結婚できない・・・たくさんの物を、年輩の介護者よりも犠牲にしないといけないんですよね、若い介護者の皆さんは。

武田さんの14年間の介護体験を読むと、たくさんの犠牲を払いながら前に進んで来た姿が分かります。病院の待合室で1か月間生活されたという、かなりレアな経験談も載ってます。

本を読むことで、介護者の中でも自分がいかに恵まれているか気づかされました。医師や介護職のプロ本ばかり読んでいたので、初の介護者目線の本は新鮮でした。

本の発売

「若年介護~介護を続けながら夢や希望をもって生きるために」は、2015年1月9日(本日発売)です。109ページなので、1時間程度で一気に読めます。介護本は4ケタのお値段のものが多いのですが、税抜800円です。

006

年輩の介護者ほど、何か気づきが得られるかもしれません。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

若者介護
■わたしの1作目:名古屋フォレストクリニック・河野和彦先生推薦書!

4 件のコメント

  • ・・・23で介護って。自分でも33?ぐらいだったのに・・・。しかもくも膜下出血ってことは多分要介護3以上な予感しますね。 とてもじゃないが想像を絶しますね。
    私も包括なんかに相談するとまだ楽なほうなんだなーって思いますし。これは中々読むのに勇気がいりそうですね・・・。

  • syumitektさま

    わたしも33歳の時に初めて介護を意識しましたが、23歳は早すぎです。

    在宅介護ではないんですが、遠距離介護されているので大変なんですよね。しかも介護保険制度が施行される前から始まって、途中で制度が施行
    されるような時代に経験されているので、本当に大変だったと思います、武田さん。

  • 母が恩給がでるまで働きたいということで、当時21歳の私が仕事を辞めて、6人家族の主婦のようなことをしつつ、認知症の祖母を1年間介護していました。妹、弟の進路相談も母の代わりに行き、若い先生は、少し慌てておられました。3人の子育てしながら、結婚後42歳から58歳まで隣に住んでいた1級障碍者の義父、介護度5まで進んだ義母の介護をしました。色々なことがあり過ぎて書ききれませんが、生き方について学び、本質を知ることができました。しかし、当時やりたかったことはできませんでしたが、できることをしようと考えを変えました。介護から学ぶこともあります。
    現在は92歳の認知症の母を遠距離介護で月末1週間実家に行っています。
    弟夫婦が仕事で遠方に行っているため、公的な支援も利用して、近くの親戚の方にも見守っていただきながらですが。
    母も47歳で仕事を辞め、認知症の養母の介護をしました。
    認知症が世の中の方々にこれほど関心を持っていただけるようになったことは、48年前は想像できなかったことです。

  • コメントありがとうございます。

    おっしゃるとおり認知症ご本人の数も500万人もいて、携わる家族も仮に4人だとしたら2000万人に関わることなので、関心度は相当高いと思います。今後さらに増えていくと思いますが、介護の方法もいい方向へと変化していくと思っています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)