誰に遠距離介護を託すのか?のはなし

今日はケアプランを作成後に、いざそのプランを実行してみたら・・・の話です。遠距離介護をする人にとって、なくてはならない存在がヘルパーさんであり、もしヘルパーさんがいなかったら、ゾッとします。認知症であり、シャルコー・マリー・トゥース病の母(要介護1)の生活をサポートをどのようにサポートしてくれているか のはなしです。

ケアマネージャーさんより、ヘルパーさんが重要

わたしにとってヘルパーさんは、遠距離介護を支える上で最も大切な人です。ケアマネージャーさんは、要介護認定をお願いした時、ケアプラン作成をお願いする時、介護制度の分からないことを聞くときぐらいで、他はそんなにお会いすることがないです。(うちの場合です)

我が家でお願いしているのケアプランは、冬場はこうです。

  • 燃えるゴミ捨て(週2回) :冬場は雪が多く、路面も凍結しているため、ゴミ捨て場まで体の不自由な母は行けません。
  • 買い物(週1回)      ?: 上記同じ理由で、買い物もいけません。

冷蔵庫がからっぽで、冬なのに灯油がなくなる寸前までいって、ドアを開けたらゴミの山があって崩れて・・・・遠距離で何もしていなかったわたしが、祖母の入院をきっかけに、これらに気づいて本気でこれはやばい!って思った出来事でした。

実際ケアプランを実行してみて

実際このケアプランは、4か月実行しました。ゴミ捨てをお願いした後に、身の回りの状況をヘルパーさんに確認してもらうところまでお願いし、距離が離れていても、とりあえず凍死や餓死することなく、安心して東京で仕事ができる そういう最低限の環境を実現することができました。

このブログのモットーである ”ひとりで抱えず、人に頼りまくる。” 遠距離介護は、誰かに支えられないと成り立たないです。わたしは主軸となる人がヘルパーさんで、みなさんとだいたいお会いしていろいろ話します。さらにお手紙を書いて、母の状況を伝えるようにしています。(本当はメールにしたいんですが、わたしのツールはもっぱらFAXとお手紙です)

いっしょにゴミ捨てに行きながらお話をしたり、何を買うか決める時も立ち会います。うちの場合は寝たきりでもないですし、身の回りの世話もそんなに大変ではないです。但し、アルツハイマー型認知症が進行しているので、早めにヘルパーさんに慣れてもらって、もっと大変な時期が来る前から準備している そんな感じです。

本当にヘルパーさんには感謝しています。認知症の進行、そしてシャルコー・マリー・トゥース病の進行に合わせて、ケアプランを見直ししていく必要があります。医療面と介護面の両方からアプローチしてきたのですが、こちらの介護面に関しては医療面とは違って比較的スムーズに進められました。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)