介護する側が倒れてしまったとき のはなし

介護する側が倒れてしまったら・・・ 介護をする側にとって、こんな想いになることってありますよね?

介護疲れ、介護うつ・・・介護側が抱えるストレス

なんでこんな記事になったかというと・・・
わたし自身が風邪をひいて寝込んでしまい、たかだか2日ですが介護がストップしてしまいました。入院中の祖母のところへ行く予定が、自分がこんな状態では認知症の母を連れて行く事もできず、すべてがストップしてしまいました。

遠距離介護の交通費節約のため、1ヶ月前から新幹線のチケットを予約しておくのですが、キャンセル料も高いので無理に新幹線に乗って移動し、そのままダウンしてまる2日間寝てしまいました。

介護する側が正常ではない時に、認知症患者に話しかけられたら

わたしが38度の熱で、母は認知症・・・。こんなシチュエーションは想像もしてなかったのですが、こういう状況って家族としてうまく振る舞えませんね。例えば認知症の母の同じ質問、『あんた薬、飲んだの?』 『病院はいつ行くの?』 これを具合の悪い自分に何度も言われると、もうさすがに『うるさい!』 って言いたくなります。(もちろん、そういう対応はしません)

通常時は認知症特有のリピート質問には対応できるのですが、これも自分が健康体ならばの話。健康体でないと、自分の体調が優先になってしまい、なんか母が言っているけど、とりあえず黙っててくれ・・・そんな状態になってしまいます。

わたしは熱なのでたいしたことないんですが、これがうつ状態に介護する側がなってしまったら、それこそ大変です。 介護うつは古い2005年のデータだと、4人に1人がなり、特に女性がなりやすいとのこと。

以前ご紹介した 男性介護と女性介護の違いってなに? という記事のデータから見ても、遠距離介護の人は肉体的、経済的に大変ではあるんですが、一定期間介護現場から解放される時間があるので、精神的にはラクという話があります。遠距離介護のハンデを逆手にとって、24時間介護の大変さから比べれば、長距離移動なんてラクと考えるようにしてます。

何が言いたいかというと、自分にもしもの事があった場合・・・というのを想定しながら、介護を進めるのって重要だなと。これは最終的には、このブログのモットーでもある、ひとりでがんばらないという事にもつながります。自分がいなくても回る状況を作りだす事が、自分が倒れても安心につながります。

ヘルパーさんや医療相談室の方、お医者さんなどからお褒めの言葉を頂きます。

『息子さん、東京からの往復で大変ですが、認知症や介護制度についてよく勉強されてますね。』

仕事でもここまでほめられない(笑)ので、うれしいのですが、まだまだですね・・・ ひとりでがんばらない、人にお願いをする遠距離介護を目指すということは、最初は自分自身が努力しないとだめですよね・・・ ケアプランの組み方ひとつで、認知症の母の進行度は変わりますし、祖母の子宮頸がんも、余生をいかに楽しくすごしてもらうかは、施設の見極めが必要だし・・・・

とにかく、自分自身も努力が必要ですが、遠距離介護なので、やっぱり使える制度はフルに活用していきたいです。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年より悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護中。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)