遠距離介護をしていて思う 「地方へのイメージ」 の違い

デュアルライフ

東京と地方都市のデュアルライフ、もうちょっとすると4年目に突入します。デュアルライフというと、東京と沖縄や日本とハワイなど住拠点を2か所に持ち、優雅に過ごすイメージがありますが、わたしのは介護デュアルライフ。

遠距離介護も 「デュアルライフ」 って言葉に変えたら、少しかっこよく見えるなぁ・・・とかどうでもいい事を考えながら、往復しています。

そんな往復の中で、一般的な地方へのイメージとなんか違うなぁ・・と思う事をまとめてみました。 故郷は好きで、歳を重ねるほど好きになってます。10代で上京してすぐ、TOKYO WALKERを買って東京中のスポットを回ってましたが、今は故郷にオープンするお店巡りを母としております。

あんたと行くお店、さっぱり覚えられない・・・

月1回の通院の際は100%外食に行きますが、わたしはお店の新規開拓もやってますので、そりゃ覚えられなくて当然です。地元紙をチェックしながら店決めしてます。病院に行くというと、母も少し緊張するみたいですが、「そのあとの外食のほうが大切でしょ!」 というと、「そうねー」 と言うので、外食はいい緊張緩和になってます。

地方の人は 「やさしい」 というイメージ

外食でお店を回っていて思うんですが、たまに驚くほどサービスレベルが・・・というお店に出くわします。おそらくお客さんがほとんど来ないので、接客レベルが向上しないんでしょう。やさしいどころか、あまりのつっけんどんぷりに引くことも。

「地方の人はやさしい」 というイメージでお店に行くもんだから、ギャップでショックが大きいんですよね。東京の人は冷たいとか、地方だからやさしいとか、場所はあんまり関係ない気がします。

東京での細やかな気遣いに感動することもしょっちゅうあります。場所に関係なくやさしい人はやさしいです。

地方は「物価が安い」というイメージ

地方は家賃 ”は” 安いなぁ、これは本当に思います。家やマンション価格もかなり安い。でも、食料品って、イメージほど安くない・・・東京の方が安いことも多々あります。

特にスーパーで、野菜や果物を購入するときに感じます。あれ?地方の方が物価は安いっていうけど、そうでもないなって。でも、産地直送コーナーみたいなところがあるスーパーは、その野菜だけはめちゃ安いって感じます。

母は 「東京は物価が高いから、大変でしょ」 「やっぱりこっち(地方)は、いい人が多いわ」 といつも言うんですが、実際両方で生活してみると、そんなに差はないなといった印象です。

よく聞かれる質問で、「会社を辞めるとき、お母さまとの同居は考えなかったのですか?」 というのがあります。いや、考えたことないですね。夫婦共々、東京を拠点に今後も生活したいですし。

同居に近い状態がいつか来るかもしれませんが、それまではこのデュアルライフは続けていきたいです。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)