【相談】遠距離介護で困ることベスト3

遠距離介護のデータはネットで探してもあまりなく、たどり着くのはだいたい遠距離介護コミュニティーNPO法人パオッコさんのデータです。

今日はそのパオッコさんの過去のアンケート結果で、ちょっと面白いなぁ~と思った、”遠距離介護をするとどんなことに困りがちですか?” というアンケート結果です。その中でも上位3つについて記事にしようとしたら、過去に取り扱ったものが多かったので、記事と絡めてまとめてみました!

1位は、”交通費”

随分、ピンポイントなものが1位だなぁと。リアルな感じがアンケートに出てますよね~ そんなわたしも当初は、交通費が1番の課題でした。どうやって月10万円の交通費を削減したか? という記事にも書きましたが、今では月10万円の交通費はいろんな策を講じて、4万円以内にするように努力しています。

成年後見制度を使って、介護する側 ”も” 財産を守るということを私はしました。早い段階で交通費が月10万円を超えてくれて、尻に火がついた感じです。このままでは最後破綻しちゃうなぁ~、自分が。その想いがあったから、この制度を利用したおかげで、今は自分の財産を痛めることなく、遠距離介護ができています。

ちょっとそれますが、”遠距離介護の定義” って何でしょう?ある学生の論文の ”遠距離介護の定義” は、65歳以上の介護する人がいて、片道3時間以上の人と定義していました。でもこれって、定義できないですよね?50歳の若年性認知症の母を持つ人で、片道5時間かかる人だって遠距離介護ですし・・・、80歳の要介護度4の家族がいて、片道1時間でも遠距離介護と言えば遠距離介護。

パオッコさんがよく言う、100人いたら、100通りの遠距離介護がある というのが正解で、定義できないですよね。自分の中で遠距離介護って思えれば、それは全部、遠距離介護と定義されるんでしょうね?続きまして、第2位です。

2位は、”心身疲労”

男性介護と女性介護の違いってなに? という記事にも書きましたが、性別によってこの ”心身疲労” にも傾向があるようです。遠距離介護は、普通の介護に比べると、精神的負担は小さいと言われています。これは24時間在宅介護の方よりも、患者さんと接する時間が少ないため、精神的な負担は小さいということです。

男性は遠距離介護だと経済的負担が多い(これが交通費)と感じ、女性は周りの目を気にするため、精神的負担も大きいと感じる傾向があります。性別問わず考えると、やはり遠くにいることで、気になって仕方がない、移動自体が体力が必要で疲れる、仕事や子育てとの両立など、遠距離介護での負担は大きいです。

3位は、”帰省できない”

わたしはこの3位が、実は一番ストレスであり、あとあと人生後悔するんじゃないか・・・って思います。”帰省できない” って、要は遠距離介護をしたくてもできない!もっと介護が必要なのに、忙しくて行けない! という環境の事であり、ご自分の家庭や仕事を優先する環境下の人たちです。

この状態の方は、介護認定を受けて、ヘルパーさんをうまく活用したり、民間サービスを絡めながら、ある程度誰かに頼ることで解消できる部分は結構あると思います。ただ、最終的なすべての介護マネジメントは、やはりご自分です。誰かのサポートを受けるのは、あくまでサポート。メインの部分は、やっぱり自分でやらないといけないと思います。

うちは認知症の状態が軽度なので、いまやらないとこの先もっと認知症が進行して、大変なことになる!ということがあったので、仕事を辞めました。これで帰省できないという状態を回避できましたが、自分の生活は若干厳しくはなってしまいました。でも今はこの選択は正しかったと思っています。

今日もまた新幹線に乗って実家へ帰ります~

ちょっと古いアンケートで2005年のものになりますが、こちらがパオッコさんの元データです↓

パオッコパオッコ
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
2017/12/06発売の自著 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか