100歳を超えるスーパー高齢者の皆さんは、どんな生活をしているのか?

100歳高齢者

敬老の日が近いこともあって、100歳以上の高齢者の報道が増えました。厚労省のホームページに、100歳を超えるスーパー高齢者の暮らしぶりが載っていたので、ご紹介します。その前に、こちらから。

百歳以上の高齢者の数は、老人福祉法が制定された昭和38年には全国で153人でしたが、昭和56年に千人を超え、平成10年に1万人を超えました。平成24年に5万人を超え、今年は65,692人(前年比+4,124人)です。 また、百歳以上の高齢者のうち女性は57,525人(全体の約88%)です。
引用元:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000136510.html

長生きするのは、圧倒的に女性ということです。100歳以上の人口は、2051年にピークを迎えるそうで、あと30年くらいはどんどん増えていきます。厚労省発表のPDFの中に「地域で話題の高齢者」というのがありました。わたしが気になったスーパー高齢者をご紹介します。引用元はすべて、http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-12304250-Roukenkyoku-Koureishashienka/0000136505.pdfです。

毎年、米国在住の息子さんのもとへ単身で海外旅行をされている、スーパー おばあちゃんです。会話のテンポも年齢を一切感じさせず、外出先でも若い 人に積極的に話しかけて楽しい宴席となるそうです。

単身で海外旅行する100歳・・・すごいです。100歳で海外行けるようなカラダで、いたいですよね。

介護保険のお世話になることなく在宅で暮らしています。92歳までクロッケーをやっていました。 クロッケー引退後は,ちぎり絵を趣味とし,現在も毎日1時間ほど作品づく りに精を出しています。作品は,毎年,地域の文化祭に出品しており, 「100歳を過ぎてちぎり絵をやっているおばあさん」と地域でも有名です。

クロッケーって何だと思ったら、イギリス発祥のゲートボールの原型だそうです。100歳過ぎて、介護保険のお世話になることなく、ちぎり絵。手先を動かして、目も見えるということですよね。

県内の男性最高齢者です。趣味は80歳から始めた川柳で、時事をとらえた 若々しい作風とのことです。「自分のことは自分でやる」が信条で、食事や 入浴も自分で行います。毎日、新聞に目を通し、話題作を購入して読むなど 世の中の動きに敏感です。

この方は107歳ですが、やっぱり「好奇心」は大切ですね。80代でもスマホやLINEを使いこなすおばあちゃんもいますし、年齢を超越するのは好奇心かもしれません。歳を取るとだんだん面倒なことも多くなるので、いかに面倒くさがらずにいられるか、モチベーション大切です!

マイパソコンを使用しエッセー集「潤滑油」(一冊は約30ページ)を約20年にわたり執筆されている。通算で22部を発行済み。川柳や俳句も詠ま れており、新聞に取り上げられることもたびたび。昨年は一席にも入賞する 腕前。23号の発行に向け、ネタ探しと執筆の毎日。

負けてられないですね。わたしも100歳までもし生きていたら、これくらい書いていたいです。今は認知症の本を書いてますが、その頃には何を書いているんだろう・・・

足腰が丈夫で、目も耳も良く、会話も完璧です。この上なくお元気です。若 い頃、お針を習っていたので、今でも自分のものを縫って直しています。も ちろん糸は眼鏡なしで通します。

わたしも、そろそろ老眼が始まって糸通しができなくなるはずなのですが、100歳越えでメガネなしで糸通しができちゃうんですね。

ここでご紹介した方以外の方の話も、PDFに載ってます。100歳越えの皆さまの生活っぷりから、3つの共通点があると感じました。

  1. 好奇心旺盛
  2. 何かしら役割がある
  3. 趣味がある

こういう歳の取り方をしたいですね、そのためにはやはり健康でないといけません・・・いられるかな?

人口10万人当たり100歳以上高齢者数の都道府県別ランキングを見ると、1位が島根県、2位が高知県、3位が鳥取県でした。沖縄県かなとイメージで思ってましたが、15位でした。中国、九州、四国地方に、100歳以上の方が多いですね。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)