2016年を振り返る

今年度、最後の記事になります。

2016年は、とにかく来た波にうまく乗ることだけを考えてやってきました。幸い、うちの母はすごく安定した1年だったし、わたしも母の調子の良さの隙にいろんな活動をしました。わたしの1年間を、振り返りたいと思います。

2016年最初はブログデザインを一新しまして、サーバー増強を実施しました。それによって、ページが表示されるスピードが格段にアップしたので、読みやすくなったかと思います。

元旦は、読売新聞の広告欄に1冊目の本の広告が載りました。
読売新聞

同じく1月に初めてラジオに出演させて頂いて、7月も2冊目の本でラジオ出演しました。
IBCラジオ

3月は、サンデー毎日さんの新書「今なら間に合う 脱・貧困老後」という本で紹介されました。4ページ近く、取り扱って頂いて、大変ありがたかったです。
今なら間に合う脱・貧困老後

同じく3月に、東京・霞が関で初登壇しました。わたしは介護離職しても、いいんじゃない?とか本で書いているので、趣旨に合わないのでは?と言ったのですが、それでもお話しました。すごいメンバーでした。

4月に中日新聞から取材を受けまして、このように掲載されました。

7月には、大同生命さんの営業ツールに、1冊目の本が出典掲載されました。2冊目の本が、7月に発売されたのですが、取材先となった日清オイリオさんのサイトに掲載されました。

2冊目の本を出版したときには、出版記念講演会があって、地元新聞社の取材を3回ほど受けました。岩手県最大の新聞、岩手日報さんにドカンと掲載されたおかげで、講演会にも人がいっぱい集まりました。

同じく7月に、小学館さんの新サイト「介護ポストセブン」の連載がスタートしました。

小学館「介護ポストセブン」で「息子の遠距離介護サバイバル術」がスタートしました!

2016.08.01

8月は産経新聞に掲載されました。

9月にはサンデー毎日さんに掲載されました。マニアックな成年後見制度についてでした。
サンデー毎日

10月は東京のお医者様向けに、家族はこう思ってるよ!的な話を書きました。
月刊診療研究

そして年末に、NHKあさイチに出演しました。

認知症だと思ってない母を、どうやって病院に連れて行ったかのお話でした。「母ワード作戦」を実行したのですが、BGMがエヴァでした♪アニメも使って頂いて、すごく分かりやすい内容になってました。

面白いツイート頂きました。大丈夫、あんな体勢で作業してないんで。あくまで撮影用です。見逃した方は、NHKオンデマンド(有料)で視聴可能です。


2016年はこんな感じでしたが、2017年は「しれっと」ブログを更新し続ける予定です。どうなるかさっぱり分かりませんが、とにかくブログが軸であることは今までと同じです。

意外と、この「しれっと」というコトバに救われたとか、「しれっと」と言い聞かせているというコメントが多いです。

映画「最強のふたり」がきっかけで、頭にひらめいた「しれっと」でしたが、こんなに意味をもつなんて想像もしていませんでした。コトバの力を、改めて思い知らされました。

ブログ読者の皆さまから、Facebook、Twitter、ブログコメントなど、たくさんご意見・ご感想を頂きまして、本当にうれしかったです。来年も、どうぞ気軽にご意見頂けるとうれしいです。(ちなみに、認知症ONLINEさんのFacebookコメントは読んでおりません)

みなさま、よいお年をお迎えください!! FacebookやTwitterは、年末年始たまにアップするかもしれません。来年は通常どおり、1月2日(月)よりブログスタートします。

来年もしれっと、しれっといきましょう!

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)