1/14(土)盛岡・ナラティブ講演会、2/26(日)横浜・第3回認知症治療研究会、2/27(月)東京・認知症セミナーのお知らせ

認知症治療研究会

2017年、最初のセミナーのお知らせです。

わたしは、今回ご紹介するセミナーすべてに参加して勉強する予定です。

第7回ナラティブ講演会(盛岡)の内容

そもそも「ナラティブ」とは何ぞや?という方も多いと思います。わたしの2冊目の本の裏テーマは「ナラティブ(ものがたり)」でした。科学的根拠も大切なのですが、特に認知症に関してはご本人の語る「ものがたり」に注目することも大切です。

スペシャルゲストに、NHKプロフェッショナル~仕事の流儀に出演された酒向正春先生の講演があります。

日時2017年1月14日(土) 14時開演(13時30分開場)
場所岩手県盛岡市
プラザおでって3階・おでってホール (盛岡市中ノ橋通1-1-10)

・JR盛岡駅前バスのりば⑥のりばから「盛岡バスセンター行き」に乗車
・JR盛岡駅前バスのりば⑯のりばから「盛岡都心循環バス左回り」に乗車
・いずれも「盛岡バスセンター」下車、徒歩2分

参加費2,500円
対象どなたでも
演題と講師14:00~14:05 開会宣言
14:05~15:35 第1部 基調講演
「社会参加を支援できる街づくりとは ~リハビリテーションを核とした健康医療福祉都市構想〜」
  講師 酒向 正春 氏(竹川病院 院長補佐 回復期リハビリテーションセンター長)
15:45~17:00 第2部 パネルディスカッション
「そこに行きたい ~その気にさせてくれる空間とは?」
 パネラー 
  沖田 桂穂氏(岩手ビッグブルズ 営業マネージャー) 
  嶌田 洋一氏(株式会社ベアレン醸造所 専務取締役)
  内藤 和宏氏(盛岡交通まちづくりLRTフォーラム幹事)
  松嶋  大氏(一般社団法人もりおかナラティブ勉強会 理事長)
 進行     落合 昭彦氏   
 アドバイザー 酒向 正春氏
申込方法フェイスブックメッセージもしくはFAX、メール(mori.narrative@gmail.com)にて以下を記載の上、お知らせください。
①お名前 ②ご所属 ③ご連絡先
主催・問い合わせ先一般社団法人もりおかナラティブ勉強会
電話:019-613-7201
FAX:019-636-1630
(担当:及川)

第3回認知症治療研究会(横浜)の内容

毎年参加している認知症治療研究会ですが、昨年「シロスタゾール」というお薬の話をしてくださった平川亘先生の講演が楽しみです。あとは公募パート(介護家族、介護福祉士、ケアマネ)の講演も期待しています。過去2回参加したときの記事は、下記になります。

認知症によく効くお薬「シロスタゾール」に要注目!

2016.03.16

「介護職は認知症の勉強が圧倒的に足りない!!」認知症治療研究会に参加して

2015.03.04
日時2017年2月26日(日) 10:00-17:00(開場9:30)
場所パシフィコ横浜 メインホール

・みなとみらい駅より徒歩3分
・桜木町駅より徒歩12分、バスで7分、タクシーで5分

参加費2,500円(テキスト代込 当日受付でお支払いください)
対象認知症に関心があるすべての方
演題と講師<10:05-11:45>
1)精神保健福祉士からみた認知症と家族の問題 演者 小原 秀和
2)私がコウノメソッド実践医になった理由 演者 松野 晋太郎
3)薬剤師からみたコウノメソッド処方について 演者 松本 明男
4)(一社)抗認知症薬の適量処方を実現する会について 演者 長尾 和宏

<12:00-12:45> ランチョンセミナー
「コウノメソッドの神髄を語る」 演者 白土 綾佳

<13:00-13:50> 特別講演
「点滴療法と認知症」 演者 柳澤 厚生

<14:00-15:20>
「認知症の前頭葉機能について考える」 演者 河野 和彦

<15:30-16:00> 公募発表
1)「DLB家族介護者の経験からみえてきた可能性」 演者 栗岡 紀世美
2)「コウノメソッド治療を受けられない環境下での介護方法の構築」 演者 瀬川 睦
3)「船橋市川でのコウノメソッド勉強会開催の取り組み」 演者 西條 由理

<16:00-16:30> 「抗認知症薬の副作用」
演者 平川 亘
定員300名(事前申込制・先着順)
※2月上旬より、順次参加証ハガキかメールを発送します。
当日は参加証をお持ちの上お越しください。
申込締切2017年2月20日(月)

認知症セミナー(東京)の内容

横浜の翌日は、東京で認知症の勉強です。国立病院機構菊池病院院長・木村 武実先生による認知症セミナーです。

日時2017年2月27日(月) 10:00-12:00(開場9:30)
場所大手町サンケイプラザ4階ホール

・地下鉄大手町駅 A4・E1出口直結
・東京駅丸の内北口より徒歩7分

参加費1,000円(認知症治療研究会会員は会員証提示で参加費無料)
対象認知症に関心があるすべての方
演題と講師木村武実先生(国立病院機構菊池病院院長)
認知症周辺症状への対応と予防の可能性について
定員600名(事前申込制・先着順)
※2月上旬より、順次参加証ハガキかメールを発送します。
当日は参加証をお持ちの上お越しください。
申込締切2017年2月22日(水)

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)