ペットの高齢化問題「認知症・老犬ホーム・老犬介護士・犬の徘徊」 って?

テレビ東京の 「暮らし特報」 という番組で、「ペットが認知症に “待機犬”も…老犬ホーム人気!」 という、面白い特集が組まれていました。

ペットの認知症は、人間社会と同じ!

・夜も昼もくるくる徘徊
・排泄の失敗
・寝たきり
・遠吠え
・自分の家が分からない

これ全部、「犬」 の認知症のお話です。まったく人間と同じですよね? 「猫」の認知症もあるんですが、ペットの介護するのは、もちろん「飼い主」。わたしは母や祖母の認知症介護をしていますが、飼い主がペットの認知症介護する・・・ペットの世界もまったく人間と同じなんですね。

うちは週2回ヘルパーさんに来てもらって、買い物やゴミ捨て、服薬管理をお願いしています。これは人間の世界の訪問看護の話ですが、ペットの世界にもおりました、そういうサポートをしてくれる人が!

「老犬介護士」 という仕事

こんなお仕事あるんですね~、「老犬介護士」?ですって、びっくりしましたよ。この老犬介護士が、日々忙しくて認知症のペットの世話ができない家庭を訪問して、ストレッチ、排泄や食事の介助、床ずれのケアをするんです、ペットの訪問介護ですね。ホント、人間の介護と全く同じなんですよ!ひゃー。

訪問介護の他には、ペットのデイケア、ショートステイもあるそうで、しつこいですが人間の介護と全く同じ!老犬ホームは入所待ちならぬ、「待機犬」?がいるそうです。最初文字変換したら、大気圏・・・・そっちの方がメジャーか??老犬ホームは大型犬だと、月15万の費用って、これまた人間の介護と同じ!

ペットも超高齢化社会へ突入

ペットの平均寿命って、人間に換算すると大型犬で100歳、中・小型犬で70歳なんだそうです。人間どころじゃない、超高齢化社会です。そんな状態なので、ペットフードには膝や関節の痛みをとるべく、ぐるぐるぐるぐる、グルコサミン♪ とか、膝、腰楽ちん、コンドロイチン♪ とかが入ってます。犬も猫も生きていくのは、大変です・・・

でもって、人間界も高齢化。飼い主が歳をとってしまって、”人間と犬の老々介護” もあるそうです。人間の方が老人ホームに入って、犬は老犬ホームへ入所なんてことも。また近所から苦情がきてしまって、自宅では手に負えず、やむを得ず老犬ホームへ入所って、これもどこかで聞いたような話ですよね?

ペット界にもコウノメソッド?

うちの認知症の母は、コウノメソッドを取り入れた認知症治療をしていますが、コウノメソッド講演会に参加した時にプレゼンターである河野先生が言ってたことを思い出しました。

「認知症の犬にフェルガード(米ぬかサプリ)を飲ませたところ、効果があったという事例があります」

犬にもフェルガードって効果あるの? 結構、びっくりしました。講演時間にして5秒程度でしたので、どのように服用させるのかとか詳しいお話はありませんでしたが、インパクトのある話だったので、鮮明に覚えています。フェルガードはとても甘いので、ワンちゃんも嫌がらないんじゃないかな?というのは、わたしの勝手な推測です。

番組で紹介されてた老犬ホームはこちら↓

【老犬本舗】 東京都板橋区の都市型老犬介護施設 老犬ホーム【老犬本舗】 東京都板橋区の都市型老犬介護施設 老犬ホーム

 

ペットが認知症に “待機犬”も…老犬ホーム人気!:NEWSアンサー:テレビ東京ペットが認知症に “待機犬”も…老犬ホーム人気!:NEWSアンサー:テレビ東京

 

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年より悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護中。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)