【書評】わけあり記者を読んで

わけあり記者 感想 書評

中日新聞の記者である三浦耕喜さんの新刊「わけあり記者」を読みました。ご自身がうつ病を患い、親のダブル介護を経験し、パーキンソン病になる・・・いろいろと「わけあり」なので、こういうタイトルがついています。

なぜこの本を読もうと思ったかというと、1年ちょっと前に三浦さんご本人から取材を受けたからです。下記写真がその時の記事で、三浦耕喜さんのお名前と、わたしの名前があります。

取材というのは、本当にいろんな方がいます。わたしの本を熟読されてくる方、取材しているのか自分の話がしたいのか分からない方、わたしの話が伝わってない方・・・2016年3月に三浦さんの取材を受けた時の印象は、ハッキリ言うとよくなかったです。無表情な方だなぁ・・・その印象が今でも残っています。

しかし、あとで三浦さんがパーキンソン病を患っていたことを知って、猛省しました。2016年初めから左足を引きずるようになり、6月からはいよいよやばかったと本に書いてあります。おそらく取材の待ち合わせ時間に間に合うように、相当早めに会社を出て、わたしに悟られないように喫茶店の席に座って待つ・・・動きや表情もぎこちなくなるのがパーキンソン病ですから、きっと取材の時も・・・本を読みながら、そう思いました。

三浦さんが記事を書くとき、手がしびれるので右手の指1本で打ち込むと本に書いてありました。出版にあたりメールを頂いたのですが、きっと1本指でキーを叩いたのでしょう、すごいです!

一番印象に残った箇所

勝手に介護の話がメインかと思って読み始めたのですが、大半はうつ病に関するお話です。ご両親のダブル介護、パーキンソン病については、そんなにページを割いていません。また、Facebookの過去投稿や、ご自身で書かれた新聞記事も多いのですが、それでもこの本1冊を作るのに、相当ご苦労されたのだと想像できます。

わたしが一番共感したところは、ここです。

そのような目で新聞を見ると、「介護はこんなに大変だ」という悲惨な記事ばかりだ。制度や手続きを紹介する記事もあるが、「これも足りない」「あれもできない」という不満に落とし込んでいる。こういう人が何百万もいて、何億、何兆もの金がかかっているというデータも載る。
引用元:わけあり記者(高文研)

わたしはブログや本で、小さく発信することしかできません。しかし、大手メディアである三浦さんのこういった発信は、たくさんの人の目に触れます。こういう視点の記者さんがいるというだけで、心強いです。大変な介護ネタはお腹いっぱいですから、面白い視点とか、変わったケアとか、そっちをもっと紹介して欲しい!いつもそう思ってます。

三浦さんの記事は、下記WEBでも読めます。東京・中日新聞生活面のコラム「生活部記者の両親ダブル介護」です。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年より悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護中。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)