【出演】8/13(日)ニッポン放送「ひだまりハウス(うつ病・認知症について語ろう)」聴いてください!

ひだまりハウス 認知症

東京・有楽町にあるニッポン放送【FM93, AM1242】の「ウィークエンド・ケアタイム『ひだまりハウス」~うつ病・認知症について語ろう』の収録を終えてきました!記事タイトル下の写真が、ニッポン放送の収録したスタジオです。

放送日時は8月13日(日)6:25~6:54。朝早いですが、お盆で故郷に向かっている途中の車などで、実はラジオを聴く機会がいつもよりあるかも・・・・

『ひだまりハウス』という番組

ナビゲートドクターは、東京医科歯科大学・特任教授で、認知症の早期発見と早期治療のためのメモリークリニックお茶の水の院長でもいらっしゃる朝田隆先生、パーソナリティは元日テレのアナウンサーで、ご自身も高校3年生の時から10年介護された経験のあるフリーアナウンサーの町亞聖さんです。

認知症2週間、うつ病2週間というサイクルで放送されているラジオ番組で、うつ病はJDC・一般社団法人日本うつ病センター理事長の樋口輝彦先生が、ナビゲートドクターをされています。

わたしはリスナー歴1年になりますが、有名人の方の認知症介護や、映画など、最新のトレンドをおさえた認知症番組だと思います。

番組は、どんな内容?

認知症介護についてラジオで語ったのは、出版・講演会以外ではこれが初めてです。くどひろ、文章の割にしゃべりが暗いな・・とか、文章のまんまのトーンでしゃべるなぁ~とか、どんなしゃべりをするのか、ぜひチェックしてみてください!

このブログは朝6時に更新されるのですが、そのタイミングで読まれる方も結構いらっしゃいます。早起き読者も多いと思っているので、6:25は少し遅いくらい?ラジオの前で、待ち構えて頂けるとうれしいです。地元で放送されていない方は、radiko(ラジコ)に会員登録(有料)をすると聴くことができます。

町さんの著書「十年介護」も、読んでみてください。日テレ時代の町さんをテレビで見ていたわたしとしては、アナウンサー業と介護を両立されていたことに、本当にびっくりしました。

町さんとは介護イベントでニアミスを数年にわたり繰り返してきたのですが、朝田先生とは何冊かの本の中で実はご一緒させて頂いてます。下記に紹介したペコロスさんが表紙の新刊「すべてがわかる認知症2017」でも、わたしも朝田先生も掲載されています。朝田先生、わたしの母の難病(CMT病)について、すらっと解説してくださってすごかったです。お医者さんのほとんどは「聞いたことある程度」しか言わないので。

町亞聖さんのブログはこちらで、わたしも読んでます。介護系イベントにたくさん参加されていて、さすがですよ。チェックしてみてください!

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 
ひだまりハウス 認知症
■わたしの1作目:名古屋フォレストクリニック・河野和彦先生推薦書!

2 件のコメント

  • 偶然ラジオを聴いて、それからブログをまとめ読みしました。
    両親がお母さまと同年代で、父は認知症の診断を受けています。(私は母についても疑っていますが病院に行く気はないようです。)
    参考になる記事がたくさんあって、それから、読んでるとポジティブな考え方に染まってくるようで、また見に来たいと思います。
    ありがとうございました。

  • さときさま

    ありがとうございます、ラジオからブログに来て頂いてうれしいです!

    認知症に関するいろんな情報集めが大好きで、いつも発信しております。気軽に遊びにいらしてください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年より悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護中。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)