認知症介護の講演会&講師派遣のご依頼について

福島県石川郡で、講演会をしてきました!(記事タイトル下の写真はイメージです)

5つの町村からたくさんの方々に来て頂き、ありがとうございました!仕事終わりでお腹はすくし、眠くなるところ最後まで耳を傾けて頂き、とても話しやすい講演でした。野球で有名な学法石川高校の近くとは知らず、地元のゆるキャラばかりを調べておりました。JR水郡線に初めて乗ったのですが、景色が素敵でした。

お題は「誰かに話したくなる認知症介護の心得」ということで、学問的でないあくまで実践に基づいた、少し面白い視点で友人、知人に話したくなるような話題を85分、お話させて頂きました。本も、ブログも、こういった講演会もそうなのですが、わたしは介護家族です。お医者様や介護専門家の方々が話すようなことを語っても意味がなく、わたしならではの目線で語ることを大切にしております。

またブログ読者の方に、本の販売をお手伝い頂きました。ネット上で知っている方でしたが、全くの初対面。わたしの不手際で打ち合わせもほとんどできなかったのですが、しっかりお仕事をこなして頂いて、とても心強かったです。本当にありがとうございました!

講演会の良いところは、ブログやSNSで公開できない写真、書けない話をどんどん言えることです。会社員時代と違って、自分で伝えたいことを講演の材料にしているので、やはり楽しいです。

準備段階でプロジェクターが映らなくて、これはスライドなしのトークだけで講演しないといけないかな・・と覚悟しましたが、30分前に解決できてホッとしました。他にも設定がうまくいかなかったので、当初考えていた話から変更し、スライドを見ながら自分の記憶を頼りにお話ししました。なので、写真を撮るのを忘れてました・・・ブロガーなのに。

会場の準備や、集客などいろいろと大変だったかと思いますが、準備してくださった皆さまにお礼申し上げます。

認知症介護の講演ご依頼・講師派遣について

わたしの今までの講演実績、テレビ・ラジオなどのメディア実績、出版した本については、下記リンクでご確認ください。

自己紹介工藤広伸(くどひろ):プロフィールとメディア実績
みなさま、はじめまして! このブログは祖母の子宮頸がん入院、母の認知症をきっかけに始まった遠距離介護生活について、実体験を...

ご依頼、ご興味のある方、こちら から気軽にお問合せください!

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
2017/12/06発売の自著 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか