【岩手県盛岡市】認知症・発達障がい・がんなど誰でも気軽に語れる「でこぼこカフェ」ってなに?

認知症カフェ もりおか 岩手

私たちはだれ一人とて同じではない、唯一無二の存在です。

男性も女性も、赤ちゃんも大人も、おじいちゃんもおばあちゃんもいる。

病気を持つ人も持たない人もいる。

障がいを持つ人もあれば持たない人もいる。

もういろいろ。

それぞれの個性を「でこぼこ」という4文字の言葉で表現しています。ふらっと立ち寄れて、気楽に語れて、みんなでつくるカフェ・・・それが「でこぼこカフェ」です。

でこぼこカフェとは?

2017年8月10日(木)からスタートした「でこぼこカフェ」は、テーマと場所を変えながら、毎週木曜日の午後に岩手県盛岡市を中心に開催されています。参加者の世代も20代から80代、ご病気で悩んでいるご本人、そのご家族、全く関係ないけど興味はある人など、すべてが「でこぼこ」なのです。

テーマや場所は、このリンク「でこぼこカフェ」で確認できます。誰もが知っている、あの有名カフェで開催されていることもあります。毎月1回はその場所で開催される予定なので、そのカフェに通われている方なら見かけることがあるかもしれません。

参加してみたい、どこで開催されているの?、どんなテーマなの? などご質問のある方は、下記問い合わせ先へ電話やメールでお問い合わせください。有名カフェの場所が特定できたとしても、お店への直接のお問い合わせはご遠慮いただいて、あくまで下記問い合わせ先へご連絡ください。

「でこぼこカフェ」という看板(記事タイトル下の写真)が目印になっているので、偶然盛岡市内のカフェで見かけたら、参加しているメンバーに気軽に声をかけてみてください。

場所によっては、人数が限定されることもあります。ふらっと参加することも可能ですが、前もって参加予約をして参加されたほうがより確実かと思います。

わたしもタイミングとテーマが合えば参加しますし、公益社団法人認知症の人と家族の会岩手県支部代表がゲスト参加されることもあります。

第1回のテーマは「認知症」だったので「認知症カフェ」になるのですが、次は違うテーマなので「発達障がいカフェ」に変わったり、「子ども」をテーマにすることもあります。

でこぼこカフェの詳細について

イベント名でこぼこカフェ
日時毎週木曜日 13:30~14:30
場所盛岡市内のどこかのカフェ
(詳細は下記にお問い合わせください)
カフェ内での目印「でこぼこカフェ」と書いた手作り看板で分かります
参加費カフェで1品以上ご注文
人数6人~8人限定
対象者どなたでも参加可能です
問い合わせ先暮らしの保健室もりおか
電話 070-2018-1007(担当:及川・高橋)
メール hokenshitu.morioka@gmail.com
Facebookページでこぼこカフェ
主催暮らしの保健室もりおか
共催公益社団法人認知症の人と家族の会岩手県支部

Facebookページがありますので、いいね!やフォローをして頂けると、カフェの開催場所、テーマの内容、時間など最新情報が確認できます。地元の方はもちろんのこと、岩手に旅行に来たついでに「でこぼこカフェ」にも立ち寄ってみてくださいね。わたしにもしご興味があるようでしたら、会うことを目標に来て頂いてもOKです。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年より悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護中。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)