AIアナウンサー「荒木ゆい」にみた医療・認知症介護への活用の可能性

AIアナウンサー 荒木ゆい

先日、ホリエモンチャンネル(Youtube)を見ていて、ぶったまげました!

AIアナウンサーの「荒木ゆい」さんが、流暢に原稿を読んでいるではありませんか!「キョウノニュースデス・・ワレワレハ」的な、いかにも機械が読んでいるという感じがほとんどありません。プロのアナウンサーが読んだ原稿を毎日毎日AIが学習して、どんどん原稿を読むのがうまくなっているのだとか。

深夜ラジオはAIアナウンサーに任せてもいいなんて話も動画に出ていましたし、AIやロボットに仕事が奪われる!というニュースが多く飛び交っていますが、これほどリアルに驚いたことはありませんでした。最後にリンクをはったので、一度動画を見てビックリしてください。

2014年にルパン三世からヒントを得たVRを活用した認知症介護の可能性の記事をこのブログで書いたのですが、すでにVR認知症プロジェクトが実現しています。たった3年で実現していますので、おそらくAIを認知症介護や医療に活用するということを考えている人もすでにいると思います。

AIを活用した認知症介護・遠距離介護

ホリエモンチャンネルの「荒木ゆい」を見て、これ在宅介護でも応用できるなと正直思いました。

認知症の母のパターン化された会話は、AIには学習しやすいかもしれません、わたしならその会話のパターンを何度も繰り返すうちに、疲れてきます。しかしAIなら疲れを知らないので、いつまでも母の話を初めて聞くかのように対応してくれます。

わたしと母、AIでこたつを囲んで会話して学習してもらうとか、すごくいいかもしれません。わたしが東京に居るときでも、独居の母はAIと話ができます。自分で学習してくれるので、母の新しい話をどんどんヒアリングしてくれるかもしれません。母の認知症の進行が、ゆっくりになるかもしれません。

そんなの介護じゃない、人間の血が通ってこそみたいな意見もありますが、わたしはこういった技術はできるだけ取り込んで、母もわたしも楽してハッピーでいたいと思う主義です。こういうテクノロジーにすごく興味あります。

新型AIBOに興味あり

この記事がアップされているころ、わたしはソニーストア銀座に行って、新型AIBOを見ているはずです。

なんか、犬を飼いたいのよね

猫が庭に来ただけで「シッ!」と顔をしかめながら言う、動物に愛情がないかもしれない母なのに、犬を飼いたいとずっと言ってます。認知症の方がペットを飼う際に問題になるのは、餌です。ある認知症の飼い主が、餌を何度もあげてしまって、犬が太って認知症が分かったという話もあるくらいです。

手足が不自由で散歩にも連れていけない母ですから、インコなど他の動物の可能性も考えました。そんなとき新型AIBOを見て、これだ!と思いました。しかし、餌の代わりである充電を携帯電話でもうまくいかないのに、AIBOでできるのだろうか・・・とりあえず行って現物を見てこようかと思います。お値段もそこそこするので、実現しないかもしれません。

デジタルデバイド

「デジタルデバイド」という言葉をご存知でしょうか?言葉の定義はこうです。

パソコン、インターネットなどの情報技術を使いこなせる者と使いこなせない者の間に生じる格差のこと。デジタルデバイドが生む格差としては、得られる収入や情報の格差、利用できるサービスの格差などがあげられる。
引用元:コトバンク

わたしはパソコンやインターネットが大好きなので、おそらく平均くらいは使いこなせていると思います。それでもまだまだテクノロジーの進化にはついていけてません。

このデジタルデバイドは、家族介護者の中でも大きくなると思いますし、医療・介護職の皆さんの中でも大きくなると予想しています。家族の立場としては、うまく活用しているプロを見つけたいところです。医療面に関しては、こんな記事もありました。

AIが医師に圧勝の記事

乳がんの転移を画像診断した際に、11人の医師よりもAI診断のほうが成績が良かったそうです。この記事の最後には、AIが発達しても、おそらく補助的な活用しかならないかもとあります。

わたしはこの補助的活用ですらありがたいと思っていて、もし家族介護者が日常的にこれら技術にアクセスできるようになったら、気軽に認知症診断のセカンドオピニオンの機会を得ることができます。ドリフターズ診療の医者や誤診ばっかりしている医者よりも、はるかにAIのほうがいいです。

どんどんこういう技術が医療・介護分野に入ってきて欲しいと願っていますし、そういったニュースを見つけて早く実践してブログでそのレポートなんか書けたら最高だなと思っています。AIアナウンサー、まじですごいので動画見てみてください!

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
2017/12/06発売の自著 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか