「しにものぐるい」 で 「邪悪すぎるオリジナルはんこ」を作成してみた

2014年はありがたいことに、2つの雑誌&3つのテレビ番組からお声かけ頂きました。しかし結果は、採用1つ・ボツ4つ(笑) 記者さんやディレクターさんからよく言われたのは、

「40kaigoさんって、謎ですよね?」 「なんとお呼びすれば・・・」

「そーかぁ?」 と思ったけど、確かに微妙なハンドルネームだし、ブログ記事もガチ介護が多くて、人となりがさっぱり・・・あわてて自己紹介をUpdateしました。新カテゴリ(雑記とかお知らせ)を作ったので、そこで発信者としてパーソナリティを出す努力をこれからしますね。

イベントでブログ読者の方にお会いする事も増えてきたので名刺を作ったんですが、長年のサラリーマン癖で“ふつー” の名刺作ってしまいました(泣)

印象うすっ!ということで、東京・谷中ぎんざ内にあります 「しにものぐるい」 という変わった名前の邪悪なハンコ屋さんに行って、判子を作って名刺をカスタマイズしました!邪悪感がハンパない下記写真をご覧ください。

こちらが谷中ぎんざのお店入口、邪悪ですよね・・・
しにものぐるい

谷中散歩している間に、30分で完成します(通販は、注文から1週間で完成)
邪悪なハンコ屋

デザインがゆるすぎて、サラリーマンやOLには邪悪すぎですwww
20140827_130328

注文方法の説明が、邪悪です!(書体で手書きを選べば、世界でひとつのハンコに)
20140827_130334

通常シャチハタタイプですが、木彫り印鑑も可。ケースも邪悪!

わたしが選んだデザインはこれ、邪悪でしょ。なぜかウサギが殴ってます(笑)

12mmは小さいので、中くらいサイズにしました。邪悪だ・・・

完成品はこちら。書体は手書き、色は朱色、サイズが18mmで大きめです。

004 006

わたしは “ひらがなで” ”苗字” をハンコにしましたが、“名前” “言葉” を入れる人も。例えば回覧などで 「みました」 というオリジナルハンコを作って、殺伐としたオフィスを和ませたり、味気ない宅急便のハンコに、笑いの要素をプラスしたりと自由自在です。

これを名刺にポンポン押したら、 ”食いつき材料” が増えました。なぜに なぐるウサギ が名刺にいるのかと。これぞセルフブランディング・・・??

たい焼きを入れる袋で、完成品ハンコもらいました♪ (袋の下の印字サンプルが12mmの大きさです)

20140827_131358

こんなんもあります

小野さんは斧にすると、面白い

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 
■わたしの1作目:名古屋フォレストクリニック・河野和彦先生推薦書!

4 件のコメント

  • いつも楽しく拝見させて頂いています。

    私もこのハンコ持ってます!
    一時期、パンにすごくはまっていたので食パンの絵柄です。
    今度もし新しく作るとしたら自転車にします(笑)

  • ジテジョさま

    コメントありがとうございます!

    すでにお持ちでしたか!

    食パンの絵柄ってあるんですね、しにものぐるいさんならなんでもありそうですけど自転車ぜひぜひ(笑)

  • はじめまして。時々拝見させていただいてます。
    私もここのハンコ通販で作って宅配のハンコで使ってます。(殺伐とした職場なので職場で使ってみたら公文書と他の書類とハンコ使い分けていたけど説教1時間されてしまった)

    今度作るときはネコにしようかなぁと思ってしまいました。(今はうさぎ持ってます)

  • mioさま

    はじめまして、コメントありがとうございます!

    殺伐とした職場に笑いを届けそうなハンコなのに、まさかの説教1時間ですか(笑)

    ネコか悩んで、結局ウサギをチョイスしました。

    ブログ見て頂いてありがとうございます!今後も気軽にお立ち寄りくださいね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)