牛窪恵さんの話を聞いて、「30年後の介護」 は安泰だと思った!

「おひとりさま」 ?「草食系」 ?といった言葉を生み出してきた?「ほんまでっか!?TV」 などでおなじみのマーケター牛窪恵氏。

介護とは無縁の 「世代別のマーケティング」 の講演に参加したのですが、話を聞いてなぜかこう思ってしまったんですよね~

「30年後超高齢化社会がきても、日本の介護は安泰だ!」 と。

これは介護保険制度がとか、新薬が開発されているからとかそういう話ではなくって、

「若い世代(現在の36歳以下)の消費行動」

の話を聞いて、安泰だ!と思ったのです。

アラサー~草食系世代 (現28歳~36歳) の 「ファミ婚」

「家族全員でケーキ入刀」 をする 「ファミ婚」 というのがブームらしいですね。わたしは、カセットに息をフーって吹きかけるファミコン世代です。

母親から子どもへラストバイトさせたり、親族が新郎新婦に指輪を渡したり、団塊ジュニアなわたしには考えられないのですが、披露宴で母親が前に出ることが多くなっているのだとか。

こう聞くと 「マザコンだ!」 とか 「最近の若者は!」 と口に出す人もいると思いますが、夫婦でなくって家族で楽しむ場に移行しているんです。これが 「ファミ婚」 です。

「両親との距離がこんなに近づいているなら、介護も安泰だ!」

とこの話を聞いて、思ったわけです。介護状態に陥ったら、両親を放り出す・・・ってこともあるかもしれませんが(笑)

ゆとり世代(現18~27歳)の「近接居住」

20代~30代夫婦の65%は、両親と近くに住む近接居住なんだそうです。結婚後も親が大好き!「親ラブ族」が増加しているんだとか。わたしはとにかく親から離れたい人だったのでこの話にも驚き、同時に、

「両親との距離がこんなに近づいているなら、介護も安泰だ!」

とまた思ってしまったわけです。この世代は母の日や父の日にお金を使う人も相当増えているというデータもあり、まさに恋愛 → 家族。 母娘消費であったり、家族(グループ)として消費するという話は、なんとなく理解できます。

これら若い世代が30年後に介護に突入したら、なんとなく親の面倒を見てくれそうな・・・ 

女性のトレンドをつかむ というマーケティング講演を、介護に置き換えて考えてた人は他にはいなかったでしょうね(笑)

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)