介護本の読書方法を変えてみる

今回電子書籍を作ってみて分かったことが、かなり少数ですが介護の分野で個人出版されている方がいるということです。今まではメジャーな紙の本を中心に読んできたのですが、電子書籍を購入してお宝発見をやってみようと思っています。

というのも、今まではスマホで電子書籍を読んでいたのですが、kindle voyageで来年から読める環境になります。こういったアプローチをしている方は少ないはずなので、もしお宝を発見したらご紹介します。

これには意味があるのですが、自分が書いた電子書籍のネタばらしになってしまうので・・・とにかくやってみます。

認知症、遠距離介護、成年後見人というところに特に注目して本を読んでいるのですが、直接的な分野 ”以外を” 読むことで介護につながる事も多いです。

ブログでもベストセラーである 「嫌われる勇気」 をご紹介しましたし、名著?「7つの習慣」? を強引に介護の世界に持ちこんでみたりもしました。2015年は遠距離介護の移動中の新幹線の中でkindle voyageがフル稼働しますので、間接的な分野の本で介護が楽になるものをご紹介できればと思っています。

実は介護小説も読んだのですが、性格的なものでしょうか・・・わたしにはイマイチだったようです。ビジネス本、介護本、自己啓発本・・・たまには小説も読まないと、人間的な幅が広がらないのですが。

ということで、

・電子書籍の世界で、介護本開拓をしてみる
・介護業界以外のところから、介護と結びつけてみる

といった読書法を、2015年はやっていこうと思います。とにかく移動時間だけはタンマリありますからね・・・寝てるだけではもったいない!

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)