10年後、バレンタインデー・ホワイトデーが認知症デーになる

カカオ もの忘れ

明日はバレンタインデー、1か月後はホワイトデーです。

わたしのような第二次ベビーブーム世代は、女性が男性にチョコを渡して告白する日だと思ってます。ところが数年前から「友チョコ」が当たり前になり、さらに進化して「パパチョコ」「ジジチョコ」な時代が今です。

トレンド総研がおこなった「オトナのバレンタインに関する調査」によると、「今年バレンタインデーにプレゼントを贈る予定の相手」の第1位はやっぱり「夫」(49%)。とはいえ、「交際相手」と答えた人は17%で、「好きな人」にいたってはたった4%という結果でした。 一方で、「父親」と答えた人が36%、「祖父」という回答も11%あって、「同性の友人」(10%)を上回り、「友チョコ」よりむしろ、トレンドは「パパチョコ」「ジジチョコ」にあるようなのです。(引用元:女子SPAhttp://joshi-spa.jp/189362

来月のホワイトデーは、「ママチョコ」「ババチョコ」がやってきます。

カカオが認知症予防に効果

一方でチョコレートに含まれるカカオ(含有率が高いもの)が、認知症に効果があるという研究結果が発表になっています。

フィル・レンパート氏は、the journal Hypertensionの研究で、軽い認知症を持つ高齢者にココアフラバノールの含まれたチョコレートを与えたところ、認知力テストで良い結果が出たと報告している。引用元:医療News

バレンタインデー商売の経験があるのですが、当時は友チョコへとシフトしていく過渡期で、世の中ってどんどん変化するんだなぁって実感したものです。

菓子販売店、雑貨店のみなさま、今後のバレンタインデーのプロモーションは従来の方法から、「パパ・ママチョコ」、「ジジ・ババチョコ」を打ち出して、認知症予防まで絡めてみてはいかがでしょうか?

認知症を扱うメディアは不安を煽りがちですが、こういったポップな仕掛けと絡めればいろんな誤解も減り、もっと浸透してくれてライトなものになっていってくれるんじゃないかなと。10年後は分からないですよ。ちなみに世界アルツハイマーデーは、9月21日です。

ちなみにマクロミルの 「バレンタインはどんな日?」 調査がこちら。女性陣にとっては日頃の感謝を伝える人が最も多く、男性陣は普段と変わらない日(笑)


(引用元:http://www.macromill.com/r_data/20150122valentine/index.html

最近、認知症にこれが効く!というTVが多くて、うんざりされている方が多いと思うのですが・・・・

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)