不惑男子、「年相応」の本当の意味を知る

認知症の母(71歳)と四十にして惑わず(不惑)なわたし(42歳)は、こういう会話をよくします。

あれ、なんだっけ?最近、忘れっぽくってだめね~
?
くどひろ
気にすることないって、年相応だから

数えた事はありませんが、1000回以上はこのやりとりをしている感覚でいます。

急に話は変わりまして・・・

実家に帰る途中、街で見つけたシャレオツなカフェへ。

カフェを見渡すと、20代女子 or? カップル? しかいません。

わたし:「すみませーん」

めっちゃかわいいニット帽をかぶった店員さんが、座っているわたしの目線の高さに合わせてきました。

わたし:「こ、これ、ください」

かわいい店員:「こちら25分ほど、お待ちいただくのですが宜しいですか?」

そんなに待つのか?人生で25分待った料理ってあったか?なんだっけな・・・・うーん・・・・

待つこと20分、答えが “うなぎで40分待ち” と分かった時に、かわいい店員さんがこれを持ってきました!

マウンテン生クリーム

バナナとイチゴの “マウンテン生クリーム”? パンケーキ。生クリームの高さ、なんと15㎝・・・待ち時間20分・・・

表参道だと、パンケーキで1時間30分とか待つんですよね?実家近くなら、90分も並ばずに済む!と、意味不明なお得感に負けた結果がこれです。

勢いでとんでもないものをオーダーしてしまいました・・・無事完食したものの、あとで強烈な胃もたれに襲われました。40代の食べ物じゃないな、これ。

年相応の意味

Yahoo知恵袋に、こう書いてありました。

年齢にふさわしい、ということです。(引用元:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1423639469)

こういう場面に遭遇した時に使うことわざって、なんだっけな?

猫に小判

豚に真珠

馬の耳に念仏

今回、新しくできたことわざが、

不惑男子にマウンテン生クリーム

不惑男子、「年相応」 という言葉の本当の意味を、生クリームで知ったのでした・・・母に気軽に年相応だなんて、言っちゃいけないな。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)